FC2ブログ

記事一覧

信じる・・・Cool Stove

上杉謙信は百戦して負けたことがないと言われる。

軍神と言われるゆえんだ。

将卒たちは、謙信を毘沙門天の化身だと本気で信じていた。

だから謙信の軍は強い。


謙信は部下思いでもあったので、普段の彼は1汁1菜の質素な食生活だったが、合戦ともなれば、兵たちに海の幸山の幸をふんだんにふるまったと言う。

北国は寒い。

温かい料理は体を暖め、戦意高揚をもたらす。



初めは勝どき飯と言っていたそうだが、そのうち「謙信汁」と言うようになった。

「謙信」と「謙信を信じる」の2つの意味が込められたのだ。



謙信汁は、江戸時代になると、庶民の間にもひろまった。






ところで、謙信女人説というのがある。

昭和40年代に矢切止夫が言い出したことになっているが、ボクが調べたところによると違う。

歴史資料としてボクが全幅の信頼を置いている Usokipedia によれば、江戸時代から現れたそうだ。



庶民の間に、そんな噂が広まって一番困ったのが上杉家だ。


藩祖であり神としても敬われている謙信が女性とあっては、他藩の侮りを受けるからだ。

宿老(おとな)たちが集まって鳩首協議した。



最善の策として白羽の矢がたったのが誰もが知っている「謙信汁」だ。

ちと下品ではないか? という遠慮がちな意見もあったが、上杉謙信がまぎれもなく男であったのを知らしめるにはこれしかない、と言うことになりお触れが出た。




今日以後は「謙信汁」を「謙チン汁」と改名いたす。


なお「謙チン汁」に海の幸を入れることもまかりならん。

海の幸を産みの幸と間違えて、不妊治療に使う不逞の輩がいるからこんなとんでも説が流布する。

謙信公は間違いなく男であるぞ~

しかと証拠を噛みしめて証人になれ~



けんちん汁が精進料理になったのはこれ以後のことだ。



























センセーショナルな歴史秘話を開陳したので Big Sensation を聴きましょう。

ドイツのガレージバンドです。




98年のCDコンピ、写真の Diggin' for gold vol.3 が手に入れやすいと教わったので貼っておきます。


















スポンサーサイト



コメント

No title

知的好奇心にかられ、真剣に読み進めていったら・・・こうきたか~(笑)
さすがリアルとフィクションの狭間で生きるダンディです♡
寒いとけんちん汁ってありがたいですよね~
おかずになるお味噌汁です^^

音源、あとで聴きにきま~す♪

No title

のぶさん、おお~知的好奇心を刺激しましたか~
ボクが書いた秘話は全部信じていいんですよ~

汝、信じる者は救われん~です。

今日はがたがたぶるぶる、超寒いので、けんちん汁を食べて体を暖める予定です。

ナイス有難うございます~

No title

全幅の信頼を置いている Usokipedia('∀`)!
私もそこを読んでみたい~凸(笑)
けんちん汁…('∀`) 大好物だけど由来を知ったら
食べたくなくなってきたわ;
ジャケの一番前の人が若い時のペイジに似てるかも♪
曲のほうはちょっとオリエンタルな印象もあって
ステキね♪♪

No title

Diggin' for gold vol.3のライナーによると、このシングルのみのリリースだということでしたが?写真のルックスは69年には見えないけれど…

Diggin'for goldのCDリイシュー(4枚で中絶、LPは10枚)、Electrick Loosersのシリーズも90年代の発売なので、探すのには手間がかかるかも?

No title

joey さん、Usokipedia は東京大空襲の時全部焼けたので、ボクの持ってる1冊しかないんですよ~

今夜は、こっちは超冷えているので、けんちん汁をいただきました~(笑)

座ってる人のことですね。
たしかに似てるかも。

この間偶然聞いて気に入ったんだけど、オリエンタルな雰囲気~!・・ そう言われればそうですね。

ナイス有難うございます~

No title

お~今日は歴史の話で勉強になりました^^

それにしても見事なけんちん汁ですね~SHOさん料理の天才かも。

ドイツのガレージバンドもナイス!

No title

ゴールドさん、ふふふ勉強ブログと呼んでください~(爆)

あっ、このけんちん汁の写真はネットからお借りしてきました(汗)

この音、いいですよね。
気に入ったんです。

ナイス有難うございます~

No title

やっぱ下ネタだった(^^ゞ

謙信女性説は息子から聞きました。
月に一度、体調不良を訴えたとか・・・

何気に音楽がかっちょいいじゃないですか♪

No title

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはようございます



豚汁(とんじる)が大好きなワタシですが…

味はけんちん汁と似てそうな感じ♪

No title

snow さん、下ネタ??
違う違う~不純だなあ~

矢切止夫さんと言う人は、それなりの資料と推理を駆使して、次々ととんでも説を発表した方で、正統派の歴史学会からは完全に無視されたけど、一部に多大な影響力をもってます。
どの説も面白いですよ。

ナイス有難うございます~

No title

カノンさん、お早う~

豚汁、ボクも大好きです。

けんちん汁に豚を加えて煮込むと豚汁になるって、イメージですよね。

ナイス有難うございます~

No title

そのUsokipedia を宝箱に入れて地中に埋めてほしい気がします。
長い月日がたったのち後代の人が発見して「歴史の新事実が明るみに!!」とかニュースになったら面白いです(笑)

No title

春車さん、地中に埋めたまま取り出さないでほしい~というところをぐっと堪えたな~(笑)
お気遣いありがとうございます~

ナイスも有難うございます~

No title

今日のストーリーは歴史大作でしたね。けんちん汁の謂れ、初めて知りました~。謙信女性説は知っていましたよ。面白い説があるなと思っていましたが、江戸時代からあったんですね。せっかく謙信汁をけんちん汁と改名したのに女性説は撲滅出来ず、21世紀の今日まで広まっているんですね~。

sho さんのところに一冊しかない貴重な百科事典、是非、国会図書館に寄贈しましょう! 謙信公も喜ばれますよ~。^^

ところで、ドイツにもこういうバンドがあったんですね。ビートルズがイギリスより早く受け入れられた国だから、当時は、色々なバンドがあったのかな~。ドイツと言えば、デビッド・ボウイが、ドイツの音楽シーンに興味があって70年代の後半に西ベルリンに住んでいましたね。あれはエレクトリック・ミュージックに興味があったのかな。(その分野には疎いんです。)

No title

yan_yanさん、Usopekidia は門外不出の秘蔵本なんです。
人目に晒したら、文字が全部飛んで行ってページが真っ白になるんですよ~だから誰にも見せられないんです

謙信女性説、いつの間にか有名になりましたね。
専門の歴史家からは手厳しく批判されたそうだけど、人を惹きつけてやみません。

ドイツは真っ先にブリティッシュ・ビートの影響を受けたので、まだまだ埋もれてるバンドがくさるほどいるという話です。

ボウイもベルリンに住んでたことがあるんですか??
70年代半ば以降のロックシーンには疎いので初耳でした。

ナイス有難うございます~

No title

納得させられてしまいました笑
今日も寒いのでけんちん汁を食べてあったまりたいですね。

No title

ティーンさん、そうです~信じることがイチバンです~

寒い日のけんちん汁は体が温まりますよね~

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア