FC2ブログ

記事一覧

男の手料理・・カルボナーラ・・・The Enfields




いかがですか~!

美味しそうなカルボナーラでしょう~!

わたくし、showhanng 料理長が腕によりをかけて作った料理です。

本日は日頃のお礼も込めて、特別にレシピを公開したい・・

・・・と思ったんだけど、国家機密に指定されたらしく、機密保護法違反になるので公開できません。

悪しからず。











































あっ、いつの間にか機密指定が解除されてるじゃないか~!




そういうことなら、レシピを公開しても問題はないよね。


レシピです。










































あんまりだ~と怒る人がいるかもしれないので、綺麗な花を眺めて心を静めてくれ。

お詫びのしるしだ。





















東海岸、フィラデルフィアの近くにデラウェアという小さな州がある。

ボクの使ってる中学生向け地図帳には記載さえない。

Enfields はこの州のトップバンド。

65年末~66年初めにかけてリリースした最初のシングルがローカルヒットし、この地の人気バンドになった。

続く2枚目のB面曲 I'm For Things You Do が抜群なのだ。






3枚目のB面曲 Face To Face もとてもいい。

参考にした記事によると、この曲は Who に影響を受けたと思われるギターから始まり、ビートルズの「タックスマン」風リフと短いサイケ風ギターソロが特徴だという。






バンドは4枚(7曲、最初のシングルはAB面同じ曲)のシングルを残して67年に解散。

中心メンバーで曲も書いていた Ted Munda という人がすぐに他のメンバーを集めてサイケでプログレな Friends of the Family を作るがそれはまた別の話。

両者をまとめたCDがフルで聴けるので、時間と興味のある方はどうぞアクセスしてください。



















スポンサーサイト



コメント

No title

レシピをc⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...
まず、それはどこに売ってる?

デラウェアというとブドウを思いつく私♪
2曲目の方がいいですね♪
私にもカルボナーラ作ってくれ~!
このレシピでもいいし・・

No title

snow さん、メモなんか取らなくてもよろしい~

これはローソンで買いました~
いまどきはこんな手軽なものがあるんですね~びっくりです。

そうだよね。葡萄の名前ですよね。
ここの名産なのかなあ??

はい、このレシピでよければいつでもご馳走しますよ^腕によりをかけてね~

ナイス有難うございます~

No title

はははwwコレでしたか~(*´∀`*)
いつも真面目に作ってるんだし、たまにはいいんじゃないでしょうか~
手抜きも(^_^;)
ワタシも誰もいないときはこんな感じですよ~(*゚▽゚*)
音は今出せないところなんてまた改めて~♪

No title

プチマリーさん、あっ~! 手抜き~!!と言われちゃった~

これ、ローソンで買ったんだけど、便利です(笑)

音は2つとも気に入ると思いますよ~ぜひ改めてお聞きください。

ナイス有難うございます~

No title

僕は知っているのです。。。
工程が二つしかないように見せかけて、パスタの茹で方、ソースとパスタの絡め方にこそ秘密があることを!!
さぁ、そこんところを赤裸々かつスリリングに白状なさいっ(笑)

陽光浴びるパスタが素晴らしい写真ですね^_^

このバンドは初めて聴きますが、軽快で聴き心地がとてもいいですね♪

No title

やっと私にも出来そうなレシピが登場しました。ありがとうございます。最近ガレージからは遠ざかっていますが、Enfieldsは知ってました♪

No title

ブリティッシュビートを感じる楽曲ですね♪
云われなければ、英国のバンドと勘違いするくらいです
私好みなサウンド ナイス♪

夕食は、私も国家秘密の”たらこスパゲッティ”でした(笑)

No title

のぶさん。「パスタの茹で方、ソースとパスタの絡め方にこそ秘密がある」・・おおっ~さすが違いの分かる男~!!
見抜いたか~

この当時、メジャーにはなれなかったけど、ローカルのいいバンドがたくさんいます。
だからこの世界はやめられないんだけどね(笑)

No title

ティーンさん、はははは~(爆)

このバンドは80年代のコンピで大評判になったそうですね。
当時はボクは知らなかったけど。

ナイス有難うございます~

No title

Nighthawkさん、この時代のガレージバンドは英国のビートバンドをお手本にしてるから、どのバンドもみんなブリティッシュ・ビートの影響を受けてます。
気に入ってくれたとは嬉しい限りです~

で、「たらこスパゲッティ」だったんですか~
それは間違いなく国家機密だな。
ねば、たら、子沢山、レシピだよね~

ナイス有難うございます~

No title

カルボナ~ラは
卵&生クリームがあるな~ら
shoさんな~らば
自分で作れちゃうじゃんね~の

黒コショウをきかせてね

No title

チロルさん、はははは~「な~ら」漬けが食べたくなったじゃないか~

黒コショウがポイントなんですね。
PCがしばらく故障だったんだよね~

ナイス有難うございます~

No title

The Enfieldsは、Compの常連というわけでもなかった。

She Already Has Somebody一曲は、Satanのコンプに入っていたが、フリップI'm For Things You Doと両面収録した、Journey to tyme vol.1は、500枚ナンバー入りで、すぐ売り切れて、あまり出回らなかったと気がするが…

やはり、Distortionsから、The Enfields / Friends Of The Family Lpが出てから、一気に知名度があがったと思います。当然LPは限定盤だったが、すぐGet hipでCD化されました。

Distortionsは、後にPainted Facesのコレクションも出したところです。いい仕事していますね。

デラウェア州は小さいですが、同じくRichieレーベルにはThe ContemporariesやThe Stairwaysがいい曲残しています。

No title

weirdoさん、What A Way To Die というコンプには両面は収録されてなかったんですか??

向こうのマニア記事に、「誰もがそのように、自分もこのコンピで初めてこのバンドを知った」と書いてたんだけど??

Distortions のアルバムからだと90年代頭から知名度が上がったということになりますね。

The ContemporariesやThe Stairways ですか~
Uを探してみます。
上がってるといいんだけど・・聴いてみたい~

No title

What A Way To Die (Satan)に収録されているのは、She Already Has Somebodyのみでした。

Richieレーベル・メイト達

Fool for temptaitionは、Enfieldsと並んでローカル・ヒットしたとか。

Contemporaries - fool for temptation
youtube.com/watch?v=48pKs4bnykI

the stairways + don't you care - vocal + richie
youtube.com/watch?v=8s9xO6qJpsM

No title

酷いカルボナーラだわ('∀`)
でもこれに厚切りベーコンとか入れたら美味しいかも~♪
I'm For Things You Doは大好きな曲よっ♥凸♥
黄昏たくなる~♪Face To FaceもいいけどやっぱりI'm For Things You Do♥
おぉ('∀`) フルで聴かせてくれるとはでかしたっ
ダウンロードしちゃおう~♪♪今、最初から聴いてるけど
いい感じ♪♪アルバム欲しいなぁ~

No title

joey さん、えっ、ひどい~!!
残念だなあ~せっかくご馳走しようと思ってたのに~

なるほどね。ベーコンを乗せるのかあ~さすがだなあ~ボクももっと深く料理の道を究めねば

おっ、大好きとな~
ほんとにいい曲だよね。

CDは93年の発売だからもう廃盤になってるかもしれない。
調べてないけど。

ナイス有難うございます~

No title

カルボナーラも影がかかってアンニュイだけど、神々しい水仙にポッチ~です(笑)

No title

春車さん、男の手料理を馬鹿にした高笑いが聞こえてきそう~
ま、男の作る料理なんてこんなものですよ~

写真でははっきりしないんだけど、向こうから光が当たって黄水仙の黄色が黄金色に輝いてました。

ナイス有難うございます~

No title

ええ~高笑いなんかしませんよ。なにしろはごろもフーズの「あさりと野菜ソース」というパスタソースのシリーズが最近のお気に入りなんですから(笑)これ、なかなかイケますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア