FC2ブログ

記事一覧

幸運の法則・・・・Jefferson Airplane

マイページの記事アクセスを見ると、この2~3か月、2年前の記事2個に、毎日2~30人づつ訪れる、という話は以前した。

衰えるどころから、この2日間は毎日100人を超えている。


どうなってんだ~と目が白黒だ。

Bobby Hughes Combination と St Valentine's Day Massacre の2つの記事。

きっと今頃巷で話題になってるんだろう?



















鎌倉と藤沢を結ぶ単線、江ノ電には、昭和55年(1980年)までタンコロと通称される電車が走っていた。

107と108がそれで、いま、極楽寺の江ノ電車庫に108が保存されていて、年1回、11月末の土日(江ノ電祭りの日)に公開されている。

撮り鉄と呼ばれる鉄道ファン垂涎の電車だ。

いまでもちゃんと動くそうで、ときどき短い距離を走らせていると説明していた。


なにがいいかって言うと、社内の全部が木でできている。

床はもちろん木だし、窓枠もドアも座席も木だ。















天井の車内灯がまたお洒落だ。




















昨日中華街へ行ったけど、中華街には近頃占い師が目立つ。

手相見、人相見、星占い・・



ぶらぶら歩いていたら占ってしんぜよう~と声をかけられた。

この年になって今更今後の人生を占ってどうするんだ~と言ったら、甘い~人間、死ぬまで幸運が訪れるチャンスがあるのだ~と諭された。

そうか~そうだったのか~いい話を聞いたなあ~と嬉しくなってふと見上げたら、横浜市のハローワークがあった。

え~こんなところに~これもきっと神様のお導きに違いない、年収1000万の仕事が見つかるかもしれない。

ドアを開けて入ろうとしたとき、その先の宝くじ売り場が目に入った。

そうか~神様のお導きは宝くじを買えってことだな~とピンときたので、10億円の年末ジャンボを買った。














Jefferson Airplane が66年10月14日、彼らの秘密基地 Matrix Club で演ったライヴが89年に世の中に現れているのを知った。

イタリアの海賊会社が制作したものだ。

タイトルは Fly Trans Love Airplane。

JAのライブはオフィシャルになったのも含めて2枚持っているが、音が悪い。

しかし、このブートは抜群の音だ。


ブートからの音源も上がってると思うが、探すのが面倒くさいので、有名なオルタモントの映像から。

昼間っから、エンジェルスと観客は不穏な関係だったのが分かる。

夜、ストーンズが上がったとき、例の悲劇が起きる。












スポンサーサイト



コメント

No title

訪問者が100人を越えるとはすごいです!!
僕のところはまぁないですね。やっぱりシャレオツダンディというのがアヴァンギャルドなのでしょう(笑)

宝くじ当たったら、寸志でけっこうですからおすそわけを~っ!
ほら、言うでしょ。得ようと思えばまず与えよと(笑)
みんなで幸せになりましょうよ~^^

ジェファーソンエアプレイン、若いですねぇ(当たり前か)
生で見てみたいけど、この場に居合わせる勇気がないです^^;
こんなにカッコいいのに、途中で演奏が中断されるのがほんとに残念です

動画冒頭での揺れるおぱーーい、眼福でございました♡

No title

100超えてる記事が2つもあるじゃないですか!凄い!
え?・・・ちら見せ下着???
あ・・・?セーラームーン??(@_@;)

え、えっと~
ブートは当たり外れがありますからね。
わわわわ!懐かしい!(゚Д゚)

No title

のぶさん、昨日で3日連続100人越えなんです。
2年前の記事にですよ~!

ほんと、みんなで幸せになりましょうね~

冒頭のおっぱい、やっぱり気がついたか~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

snow さん、ちらみせ下着とセーラームーンが気になったら覗いてみてください~(笑)

ちらみせのほうはドイツのサイコビリーバンドでパンキッシュな音、セーラームーンのほうはマイナーだけど、素晴らしいディープソウルが聴けます。

ナイス有難うございます~

No title

レトロな電車、イイ感じです~
で、過去記事のアクセス面白いですよね~
ウチもなぜかひともばあさんがランクインしてます(^_^;)
みんな笑いを欲してるのかな~???

No title

お~千と千尋の神隠しというジブリ映画に登場する電車みたいです。
なんだか温もりがありますね。

No title

春車さん、古い車両はぬくもりがありますよね。
大好きです。
映画のほうは観てないから分からない~

No title

全部、木で出来ている電車だなんて可愛いわね('∀`)
乗りたい~♥
記事のタイトルと曲の紹介の差がオモロイ(笑)凸
私も未だにロッドのカツラでアクセスする人がいるので
不思議~('∀`)
宝くじが当たったら、皆で豪遊しましょう
ブートのほうが音がいいのって時々あって驚くわよね♪
おぉ、(^_^;)この映像は観た事があるわ;

No title

joey さん、新しい電車もこんなふうに作ってくれたらいいのにね。
誰もが楽しくなること請け合いなのに。

おお~気づかないだろうと思ってたとこ突っ込んでくれてありがとう~

この記事アクセス解析のおかげで古い記事への訪問者もいるんだ^と分かって嬉しいですよね。
書いてるほうは片っ端から忘れていくから(笑9

宝くじ、もちろんみんなで豪遊ですよ~当たらないかなあ~~!!

有名な映像なんです。
ボクもUのおかげで見ることができました。

ナイス有難うございます~

No title

shoさん

ひとみ婆さんのまちがいでした(^_^;)
うっかりミスです~!

No title

プチマリーさん、志村けんね~
了解~

No title

kollektableさん、世間で何が話題になってるのか、アクセス解析のおかげで分かりますよね。
TVを見ず、ラジオを聴かず、新聞雑誌も読まないボクのような人間にはありがたい情報源です。

初めて「サイケデリック」という言葉を知ったのはピンク・フロイドの「エミリーはプレイガール」がラジオから流れてきたときななので、ボクの中ではサイケは「ぐるぐる感」が重要なんです。
JAもドアーズもサイケと思って聞いたことはなかったんだけど、当時も今もサイケと言われてるみたいですね。
ピンときません。

No title

過去記事にアクセスが多いって嬉しいですね!
ブログの記事の旬は短いように感じているので。
江ノ電、クラシカルでいいですね~!
ナイス☆

No title

まこちゃん、本当ですね。
ボクの場合は、ほとんど日本で知られてないマイナーなバンドを取り上げることが多いので、話題になったとき情報を求めてアクセスしてくるんですね。

電車もクラシカルなほうがいいですよね。
いつかまこちゃんのところで見た蒸気機関車に乗ってみたいです。

ナイス有難うございます~

No title

ウワ━(。・ω・)ァァ━・゚・

この電車

おしゃれさ~~~~~~ん♪

レトロ調でクラシック。。。見てるだけでも落ち着くわ(≧∇≦*)

('∇^d) ナイス☆!!です

No title

6位と8位が笑
アクセスランキングは面白いですよね。私の稚拙なブログも変な記事ばかりがアクセス数が良い様です。
クラシカルな江ノ電車両素晴らしいです。

No title

こんにち和ンダフル(^o^)

Yahooさんが機能アレコレやるたびに不具合起こして迷惑なこと多いけど
この解析機能に関してはナイスで嬉しいわね
自分でも忘れてるような過去記事が注目されるって
ブロガーとしてはサイコーじゃないですか!
やっぱり記事投稿のときは気持ち込めないとね

江ノ電の木の温もりとオシャレな内装がなんとも懐かしいです!
昭和40年代に何度か乗った記憶があるわ
窓枠の感じもいいわね♪

No title

チロルさん、そうですよね。
この解析機能だけはヤフーさんを褒めてやりたいです。

おお~昔乗ったことがありますか~
昭和40年代だと、まだこの電車が走ってたからね。
窓枠が何とも言えずいいですよね。
床が木の電車は今でも2両だけ走ってます。
303と355、床以外は全部鉄だけど、この電車に当たったときはラッキーと一日が楽しくなります。

ナイス有難うございます~

No title

sho*ha*ng*5さん
映像は映画ではなく、
リアル・ドキュメントなんですね。
エンジェルスというからメジャーリーグの球団?
(ボケです)と思ったら、バンド?の誰かが
ヘルス・エンジェルスと云っているのを
聴き取れました。
検索したらバイク・ギャングのようですね。
チョット、ヤバめの集団?
怖いです。
紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、日本で言えば暴走族みたいなものです。
日本と違って、彼らには卒業ってものがないから第1世代だと70を越してるはずです。
だけど現役。
ヤバい集団です(苦笑)

ストーンズの演奏中にグリーンのスーツの黒人がエンジェルに刺されれ死亡するという事件が起きました。
カメラが撮っていたので、世界中がこのシーンを目撃し、オルタモントの悲劇として当時から有名なんです。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア