FC2ブログ

記事一覧

ストーンズファンのこと(続編)・・・Rolling Stones


昨日 ↑ の写真を使ったので続編を期待してる人も多いと思う~。




ビートルズファンのことを「ビートルマニア」と言うが、ストーンズファンのことは「ストーンマニア」とは言わない。

これには理由があって、ビートルズファンは博愛精神に満ちた人が多いからだ。

ほんとは美人の姉ちゃんが好きなのに、「人が好き~」としか言わないのだ。

「美」取るを忘れないのだ。

奥床しいだろう~。

ここでBの代わりに「C(知)」取るわい~と返したあなたはもう立派な免許皆伝です。





ストーンズファンのことは日本語の「狂」が世界で通用している。

「素っ頓狂」と言うのだ。


ミックがスターになった60年代半ばごろまで、スターにはアラン・ドロンやオードリー・ヘップバーンのような美男美女がなるものと相場が決まっていた。

当時の音楽雑誌にもミックの顔写真の隣に「美男でなくともスターになれるいい時代になったんです」というキャプションがあったくらいだ。

だから、変な奴と言う意味を込めて「素っ頓狂」と呼ばれるようになったのだ。

ボクは嘘は言わない。

ロンドンやニューヨークで聞いてくれ~~責任はとらないけど~




この曲を聴くとき、素っ頓狂の間では「素うどん」を食べながら聴くのがツウだと言われている。

スポンサーサイト



コメント

No title

的を得てまする♪ビーヲタは上品で石ヲタは下品!?まあ、ホンマはストーンズのがインテリなんやけどね(笑)

No title

そうなんですよ。そうして、ストーンヘンジは、素っ頓狂の変人達がストーンズをお祀りする為に作ったのです。って、この秘密を知った物はゴルゴ13によって闇に葬られます。

で、何故素うどん?

No title

thiwrodiさん、ははは~石を投げれらても困るから評価は表明しないけど~

No title

yan_yanさん、ははは~やるなあ~(笑)

素うどん→すとん(木久扇師匠並みの駄洒落です~爆)

No title

なるほど~
だから奥ゆかしく慎み深い僕はビートルズが好きなのか~
疑問がストーンと落ちた感じです^_^

奥が深いもんです(笑

No title

のぶさん、はははは、酔って井戸に落ちないようにしてください。

知章が馬に騎(の)るは船に乗るに似たり、眼花井に落ちなば水底に眠らん。です~(笑)

奥深いでしょう~(爆)

ナイス有難うございます~

No title

奥ゆかしいストーンズ・ファン参上~♪('∀`)/
でも素っ頓狂のほうがストーンズにピッタリでカッコイイわ♥
ゴルゴの本題ってクールな絵なのに、この事だったとは!凸!
美男でなくてもスターになれるって酷いわ(^_^;)
今日、早速ロンドンへ行ってこよう
お昼に素うどん食べなくちゃ

No title

おおっ、飲中八仙の賀知章が出てくるとはっ!!
ステキです♡
転げる石といっしょに深く落ちて行きそうです~

No title

joey さん、ははは~奥床しく登場したな~
ゴルゴに予告されると、気分が引き締まるでしょう~

廃刊になったけど「ティーン・ビート」っていう雑誌です。
たしか「美男」じゃなく「こんな顔」って書いてたように記憶してるんだけど(爆)

素うどんを食べにロンドンへ行くのか~
キスの天ぷらうどんにしたほうが美味しいかも、です~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

のぶさん、お酒好きなら必修の名詩ですよね。
「酔眼」のことを「眼花」というのを知ったのはこの詩を通じてです。
パッと分かってくれる人がいるので超嬉しいです~

No title

素っ頓狂!笑 とても良いと思います。

No title

ティーンさん、ご賛同いただき有難うございます~
ナイスも有難うございます~

No title

終始だじゃれなの~?(笑)
ナイスすぎる!

ビートルマニアとか一括りにするのは仲間意識かな。
きっとストーンズのファンは群れるのが嫌いなのかもしれない。

No title

snow さん、ナイス過ぎるとな~
過褒は寝て待て、と言うけど本当だね~(なんか誤植があるような・・)

凄い分析~!(笑)

ナイス有難うございます~

No title

ストーンズやビートルズは美男はいませんが、ショウサンは007に出たほど 美男でしたね!若きショーンコネリー!

No title

sido さん、おお~嬉しいことを言ってくれますねえ~
お礼にほっぺにちゅ~(爆)

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア