FC2ブログ

記事一覧

満タンにするんだ~・・・The Baboons


ベルギーのアントワープを拠点に活動する Baboons は、08年に1stアルバム(Boogie Curse)からチョイスしたPVをUチューブに投稿し、大ヒットしたので世界中で知られるようになったらしい。

13年に、結成10周年にあたってカリフォルニア公演を行ったとあるので、03年ごろから活動していたようだ。

現役。

サイコビリーを聴きなれた耳にはガツーンとくるロカじゃないが、こういうのも気持ちがいい。

映像でお分かりのように歌の中身はダブルミーニングだ。


Drinkin' Gasoline。




この当時は4人組、現在は1人増えた5人組。

11年に2枚目、14年に3枚目(レコーディングを終えたばかりとあったけど、たぶんリリースされていると思う)。

ボクはかなり気に入ったんだけど、日本では受けないタイプなのかな?

日本語の記事が見当たらなかった。






2nd(Back Scratch)から。

ボクと同じようにエロいのが嫌いな謹厳実直なおじさんたちに捧げます。





動く映像も見つかったので追加しておきます。

スポンサーサイト



コメント

No title

レトロ感溢れるバンドですね。
けっこういいと思うけど、日本では売れないタイプなんだろうな~
右から2番目の人。見たことあるわ~

エロいのが嫌いな?またまた~
エロ命のクセにぃ

No title

snow さん、レトロだよね。
古いタイプのロカって感じだから、日本ではイマイチなのかもしれないですね。
若い人ね。
誰かに似てると思います。

え~~~そりゃあ~誤解だよ~神様に誓います~・・・・いたたたたた~閻魔様~舌を抜かないでくれえ~

No title

ん~、おぢさんじゃないけど2ndは3番目のお姉さんがイイですぅ。
黒い服の人~。

No title

春車さん、ははは~そこコメントもらえるとは思わなかった。
不潔~って蹴とばされるかと思ったよ。

う~ん、みんな可愛いからボクには選べないよ~(爆)

ナイス有難うございます~

No title

ベルギーのバンドなんですか~
Drinkin' Gasolineウッドベースがきいてますね~
カッコイイ~♪
動く映像もイイですね~みんなノリノリ~(^^♪

No title

その手は食わんぞっ!!!と思いつつも食いついてしまった~っ
身体は正直です\(//∇//)\
セクスィ♡オネエサマに目が釘付けでした!(◎_◎;)
まったくもってけしからぬダイナマイトボデーぢゃ(((o(*゚▽゚*)o)))
あっ、えーーーと音楽は。。。
聞き直してきますっ
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

No title

プチマリーさん、この手の音楽はベースがキモですね。
気にってくれてよかった~

ライヴ、楽しそうだよね~

ナイス有難うございます~

No title

のぶさん、男は正直でなくちゃあいかんのです~
健全でとてもよろしい~(笑)

このバンド、ロカバンドというよりもR&Rもカントリーもいろんな要素が流れ込んでるみたいだから、意外と気に入るかもですよ~

ナイス有難うございます~

No title

katsu さん、ナイス有難うございます~

No title

おぉ('∀`) 好きな感じだわ♪
Drinkin' Gasolineいいじゃない凸
エロいのが嫌いって大嘘つきだわ;
動画にはおねーちゃんが沢山~!こうでなくちゃ♪
日本で売れてもいい感じなのに('∀`)

No title

joey さん、気に入ってくれて嬉しいです。
Drinkin' Gasoline はとてもいいですね。

で、お姉ちゃん尽くしの動画~はははは~

ベルギーのバンドだから、日本に情報が伝わりづらいのかも知れないですね。

ナイス有難うございます~

No title

俺はサイコより好きですね(笑)
統計で日本のロカビリー人口は一万人(もちろん演者やリスナー、音源を買う人)と言われていて、その中にも好みがあるから、日本でこの手が売れることがないのが残念ですね。
ストレートなパンクとかオアシスみたいなのが日本には受けやすいんだと思います。

No title

sido さんはこっちのほうが好きでしたか~
たった1万人~!!
そんなものなんだ~!!
イメージ的にはもっと多いと思ってましたよ。
オアシスが日本人に受け入れやすいのは分かるけど、パンクも受け入れやすいんですね~知らなかった~

No title

ジローさん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア