FC2ブログ

記事一覧

ハロウィンその②・・・Kitty In A Casket




秋らしい写真を。

気に入った構図なんだけど、どうよ~?


す、・・好き~って言ってくれないかな??




















裏庭のツワブキも盛りになったのでチラッ。

漢字で書くと「石蕗」。

なんで「石」の「ふき」と書くのかは知らない。

一説によると昔、石さんという人が、葉っぱを毎日ふきふきして艶を出したからだという。






































Kitty in a Casket は、日本でも話題になったオーストリア、ウィーンを拠点に活動しているサイコビリーバンド。

現在も活動中だ。


えぐいジャンルなので、えぐい映像もあるが、ポップで聴きやすいサウンドが特徴かな?



ハロウィンに相応しい映像と音楽をどうぞ。

Bride of the Monster です。



昔ちょっと話題になった Don't get me wrong です。

この疾走感がたまらんのですよね~(笑)




















ヴォーカルの Kitty Casket ちゃんです。

















スポンサーサイト



コメント

No title

すっ、すき~♡

Kitty Casket ちゃんの可愛い顔とタトゥーとのギャップの狭間で悶々としてしまうのは僕だけじゃないはずっ!!
初めて聴きましたが、カッコいいですね♪
疾走感が確かに気持ちいいです#▽#

No title

のぶさん、キティちゃんに参りましたか~

Creepshow のサラちゃんもそうだけど、可愛い女の子タトゥーって、そそられますよね~(爆)

2曲目、気持ちがいいでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

す、・・好き~!お寿司が♪

まった!エロそうなオネエチャンですね。
アイラインのひき方が好み♪
なるほど~、こういうオネエチャンのタトゥーならいいのね。
音は骨太だな~

No title

最初の写真、ススキが魔女のほうきに見えてきた!ハロウィンぽいじゃないですか!

2曲目のKittyちゃんはピョンピョンして可愛いですね。shoさんが紹介してたベビーメタルの動きに似てるかも。

No title

snowさん、お寿司はご主人におねだりしてください~(笑)

エロいかなあ~あんまりそうは感じないんだけど・・男と女では意識が違うんですね~女性心理は死んでも分からん~~~

だって、このタトゥー、可愛いくない??

サイコビリーは基本、パンクだから、やわな音でないのは確かです。

ナイス有難うございます~

No title

春者さん、ははは~暗示にかかりやすいんだからもう~(爆)

ベビーメタルのほうがもっと可愛いけど(笑)、彼女のピョンピョンも可愛いですよね~

ナイス有難うございます~

No title

anzu さん、ナイス有難うございます~

No title

す、・・好き~っ('∀`) て言ってみました
次の石さんの一説は信じないけどツワブキって綺麗♪
フキの仲間(?ε?)
Bride of the Monsterは動画も曲もハロウィンちっく凸
Don't get me wrongも可愛いわね('∀`)

No title

joey さん、ボクを思い浮かべながら言ってくれた~??

同じキク科だそうだから仲間になりますね。

最初の曲も動画もハロウィンを感じるでしょう。
2曲目ののりのりが好きなんです~

ナイス有難うございます~

No title

「すすきの簪」「熱燗とっくり」・・・秋だね。
す、すきは一寸寂しげで、す、すきじゃないすっ。

No title

ジローさん、この寂寥感がいいんだけどなあ~
もう少し長生きしないとわからない世界かな?(爆)

たくろうが出てくるなんて思いつかなかったよ~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

いつもお庭の凄さに驚かされています。大豪邸ですね~。

No title

もっとオドロオドロしいのかと思ったら意外と可愛い曲でした。
ボーカルの子が舌足らずな感じだからかな。

No title

ティーンさん、広くないんだけどね。
見せ方がうまいだけです(笑)

No title

ティーンさん、このバンドも Creepshow と同じで可愛いらしいですよ。

おどろおどろしいのはボクは嫌いなんです。
その中で笑えるのなら好きなんだけど~

No title

チロルさん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア