FC2ブログ

記事一覧

須永朝彦「天使」初版本(コーベブックス)・・・The Abyssinians













圧倒的東高西低の出版の世界で、コーベブックスは奢灞都館(さばとかん)と並んで、本好きには忘れられない版元だ。

名前の通り、神戸発。

丁寧な造本が人気だった。



須永朝彦は塚本邦雄のところから出発した歌人だが、季刊「NWSF」に美少年愛と吸血鬼を合体させた短編小説で、小説の世界にも登場してきた。

コアなファンに今でも人気だと思う。

彼の歌集は昔紹介したので、小説のほうを。


コーベブックスが版元の「天使」だ。

11点添えられた杉本典巳の絵が怪しく輝いている。

著者あとがきによると、杉本さん自身が怪しい雰囲気の女性だったらしい。



4枚目に「天使Ⅰ」冒頭ページを出したのにはわけがある。

富澤赤黄男(かきお、と読む)の俳句から始まっているからだ。


一般には知られていない人だが、新興俳句の人で、その筋では有名だ。



「蝶墜ちて 大音響の 結氷期」



は40数年たった今でもすらすら出てくる。


この句に感動した人は友だちです~(笑)




この本は割りと高値で取引されているはずだが、80年に西澤書店から出た「悪霊の館」のほうはそんなに値はつかないはずだ。

須永さんの最初の本「就眠儀式」を出した版元だけど、本好きの間では、あんまり評価の高くない版元だからだ。

しかし造本はしっかりしてるし、草刈順の挿絵も悪くないんだけどな。
























今日はレゲエです。

レゲエ第Ⅰ世代の Abyssinians'Declaration of rights’。

自分たちの言葉で喋っている SEALDs の行動を応援しているからだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

三ノ宮という場所は神戸の中心地。今は中央区と言うのですが、かつては生田区と言っていたんですね~。発行年が昭和50年ということは僕の生まれた年でもまだ中央区と呼ばれてなかったんだぁ。知りませんでした^_^;
神戸が発行元というのが、とても誇らしく思えます^_^

挿絵が妖しくも美しく、帯に書いてある紹介文を読むと非日常の世界に誘い込まれていきそうです。

No title

美少年愛と吸血鬼・・・ツボを押さえてますね♪
エロと美は永遠です。
挿絵が素敵♪
昔の本はどれも造本がいい。

こういう渋めのレゲエもアリですね。

No title

のぶさん、神戸人としては嬉しいですよね。
今は生田区じゃなくて中央区~!
なんで東京みたいな名前に変えちゃうんだろうね。
元のままのほうがいい名前だと思うのに。

奢灞都館も神戸ですよ。
こちらは東灘区にあったそうです。

もっとも、京大の生田先生の息がかかってたから、あんまり神戸って気はしないんだけどね。

こういう世界は好きでしょう~

No title

snow さん、ツボというか、60年代後半から、この2つのイメージがセットで語られるのが表に出てきて、萩尾望都の「ポーの一族」であっという間に一般化したのかな??

昔は造本に気を使ってたので、造本が気に入った理由で買った本も多数あります。
逆に買わなかった本も。

レゲエも深入りすると底なしですよね。
ボクはうわべだけで留めるようにしてます。

ナイス有難うございます~

No title

コーべ・ブックスの本、懐かしいです。十蘭訳「ファントマ」、矢野目訳「黄金仮面の王」ボナ・ド・マンディアルグ「カファルド」等…

「天使」、名著刊行会(西澤書店?)からも再刊されていましたが、杉本イラストは収録されていませんでした。

ルース・レンデルの杉本イラスト(角川文庫)も美麗でした。

須永氏、特撮物がお好きなようで「月光仮面」「仮面ライダー」等にときめく、と書かれていて、軽くショックを受けた…

No title

weirdoさん、そうそう~十蘭訳「ファントマ」、矢野目訳「黄金仮面の王」・・以前教えてもらいましたよね。
今聞いてもびっくりします。

西澤書店から再刊されたんですか^
で、杉本さんの絵がなかった~
この本はこのイラストとの相乗効果なので、画竜点睛を欠いてると思います。

特撮ものの話も以前のコメントで教わりましたね。

この人は、滝沢馬琴を正当に評価しているので好きなんです。

No title

この辺は持っていないけど、耽美好きの絵描き仲間が持ってて
知ってるわ('∀`)
絵を見た時は山岸凉子とか竹宮恵子とか浮かんだけど
彼女とかのほうが影響されてる気がする。
少年愛の美しい時期とかは割と理解できるわ(笑)
美少年愛と吸血鬼って凄いツボを得た構成だと思うわ~♥凸♥

No title

joey さん、杉本さんのこともこの本のこともご存知でしたか^
ほんとに趣味が一致するなあ~

実を言うと、この世界にはもう心が動かないんですよ(苦笑)
年取ったせいですね

ナイス有難うございます~

No title

sally さん、ナイス有難うございます~

No title

続きが読みたくなるじゃないですか!1頁だけじゃ足らないです。

No title

ティーンさん、ははは~アブナ~い世界に目覚めましたか~(爆)

ナイス有難うございます~

No title

コメントにも書かれてますが、正に「ポーの一族」は
ここに影響を受けてたのか!と今、初めて知りました!
なるほど~です!レゲエもいい感じです!
今日の新宿のSEALDsのデモも雨の中、相当人が集まったようですね。
行きたかったな~(*´Д`)

No title

anzu さん、70年代頭にパーッと表に出てきて、あっという間に定着したって感じ。
それ以前は「月刊、薔薇族」みたいなイメージでした。

彼らは毎週行動してるんですね。
すごいなあ~
ラップが相応しいのかもしれないけど、ほとんど知らないからレゲエを。

ナイス有難うございます~

No title

sido さん、ナイス有難うございます~

No title

チロルさん、ナイス有難うございます~

No title

katsu さん、ナイス有難うございます~

No title

カノンさん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア