FC2ブログ

記事一覧

レアでマニアックなレコード・・・Randy Brook








物置から34年ぶりに引っ張り出してきたレコードの記事を1と月近く書いてるけど、今日は最終回です。


最終回にふさわしく、マニアックでレアなレコードです。




Randy Brook というSSW系の人を知ってるのは、よっぽどイカレてるみたい。

実を言うと、こんなレコードを持っていたなんて知らなかった(笑)

いつごろ、どこで買ったのかもまるっきり記憶にない。

多分裏ジャケの写真が気に入ったので買ったんだと思う。

それとも日の丸だから買ったのか~



どんな経歴のミュージシャンだっけ?? と思って調べたが、分からなかった。

向こうの記事はヒットせず、日本の中古レコード屋さんの記事がいくつかヒットしただけだ。

向こうでは忘れられ、日本のSSWマニアの間で人気が高いんだろうと類推するだけだ。

もちろん、「ランディ・ブルック」とカタカナで調べても何もでて来ない。



アーロ・ガスリーの「アリスのレストラン」を思わせる雰囲気で、ギター1本、ハーモニカ1本で、語りかけてくる。

もちろん、ちゃんとバックミュージシャンはついているが、印象としてそんな感じ。

多分このレコードを買った当時はそんな雰囲気が嫌だったんだろうと思う。

今回じっくり聞いたら、じわじわ心に染みこんできた。

そんなじわじわな曲をお届けしたかったんだけど、Uには1曲しか投稿されていないので、不本意だけどB面4曲目の Look At Miss Kitty をお聞きください。

Randy Brook の曲じゃなく、参加している Stan Young という人の曲。




ところで、このレコード、72年のファーストプレスのようなのだ。

ファーストプレスは、ジャケ裏A面の曲目が1番目と4番目が入れ替わって印刷されていたらしい。

セカンドプレスから訂正されたそうだが、ボクのは、曲目を印刷したその箇所に、正しい曲順を記したシールが貼ってある。
(そのシールにも誤植があるので可笑しいけど・・)

おまけにそのシールには Promotion Record と印刷されてるので、どうもプロモーション用のレコードに思える。

なんでそんなものが手に入ったのか分からないが、悪い気分じゃない。

1度通して聴いたのかどうかさえ覚えてないくらいだから、盤面はデッドストック並み。
スポンサーサイト



コメント

No title

Beatles Ⅵ の 場合で ですけど 印刷締め切りまでに プレスの為のMaster Tape が 本国より間に合わず 曲順が決まらないまま 発売されてしまいました。 ですから 他にも 沢山有るのですょねぇ~っ。

No title

最後の物置お宝…('∀`)
また掘り出してきて~(笑)初めて聴くけど凄くソフトな感じ♪
でもどこか哀愁を帯びてるのがイイわ♪凸♪
声が凄くクリアーに聴こえるわね~
私、裏ジャケの感じのほうが雰囲気あって好きかも('∀`)
プロモーション用のレコードって販売しちゃいけないって言うけど
中古屋さんにはある時が♪
珍しい盤には違いないわよね♥

No title

ホフナーさん、邦盤の場合だとそんなケースがままあるんですね^
またまたへえ~な話です。

このレコードは邦盤じゃなくて(この人、邦盤はないみたいです)、カリフォルニアの Devil Records という小さな会社からでたオリジナル盤です。

小さな会社なので見本盤を作る余裕もなく、市場盤にラベルを貼ってプロモーション用に使ったんだと解釈したんです。

No title

joey さん、プロモ盤は非売品だから、市場に出てはいけないことになってますが、後に中古市場に出回りますよね。
だからプロモ盤そのものは、後の時代にはそんなに珍しいことじゃないんです。

多分70年代半ば過ぎに手に入れたんじゃないかと思うんです。
だから出回ったんでしょうね。

この当時、中古レコード屋さんはあったけど、ロックを扱う店はほとんどなくて、ジャズやクラシックの廃盤を探す人が出入りしてました。
ボクはそんな店に出入りしなかったので、輸入盤屋さんの店先で買った可能性が高いです。
時代環境と思えば面白いですね。


ナイス有難うございます~

No title

まったく買った覚えがないと?
これどんな歌詞なんだろ?
このシックさは何でしょう?
こういう内省的な曲は好きです。

No title

> sho*ha*ng*5さん
言葉が足りず また 申し訳御座いませんでした。 Beatles Ⅵ は 当時 アメリカと イギリス で 出しました。

No title

snow さん70年代後半に入ってからの一時期、輸入盤のバーゲンセールが流行ったことがあるんです。
多分在庫一掃。

2、3~400くらいしてたレコードが1,4~500円くらいで出たので買い漁りました。
ほとんどジャケ買い。
だから、針を落とした途端、しまった~と思ったレコードも少なからずあります。
このレコードも多分そんな1枚。

上手く聞き取れないんだけど、亡くなった(ベトナムかな??)恋人を想う女性の心理のようです。
yan_yan さんが来てくれたら、すぐに聞き取ってくれるはずなんだけど^

ナイス有難うございます^

No title

ホフナーさん、Beatles Ⅵって、傘アルバムですよね。
英国でもリリースされたんですか~!

あれ、アメリカ編集盤(ボクはもちろん邦盤だけど)だとばっかり思ってました。

No title

> sho*ha*ng*5さん
また また 言葉が 全く 足りませんで 大変 失礼をば 致しましたぁ~っ。 はぃ。 アメリカ独自編集盤です。 それを ジャケットと内容だけを 踏襲して 1965年 海外向け Export 盤として 出しました。 お分かり頂けたでしょうかぁ~っ。 ややこしいので ひとつ ひとつ 御説明させて頂きますです。 ふむふむ。 ⛪

No title

これはジャケもいいですがレーベルも雰囲気抜群ですね^^ブートマニア好みのデザインです^^

音もこれは素晴らしい!
アコギとコーラスの感じが最高です^^
ナイス!

No title

ゴールドさん、そうなんですか~
ブートマニアの心理って面白いですね。

ボクも今回初めて聞いて(爆)、気に入ったんです~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

すごい味のあるカッコいいジャケットですね!!!
ところでSSW系というのはどういう意味でしょうか?調べてみたのですがよくわからなくて^^;

レコード紹介のシリーズは今回で最終回ですか?
もっと見たいですが、きっと続編があるものと信じて、楽しみに待っております^^
音源は後でゆっくりと聴きますね~♪

No title

のぶさん、シンガー・ソング・ライター(singer song writer)のことです。
ファーク系のことだけど、70年代前半はなぜか、シンガーソング・ライターという言葉のほうが流行ってました。
それまでのギター1本のフォークと違って、いろんな楽器を加えたせいだと思います。
ジェームス・テイラーとかキャロル・キングなんかが代表格でしょうか。

物置にもぐりこんで重い荷物を動かすのは重労働なので、取り敢えず続編はない予定です。

ナイス有難うございます~

No title

ジャケの写真、カッコイイなと思ったら、shoさんもお気に入りだったのですね~^^
レコードもプレーヤーも処分してしまったのですが、ジャケ買いしたい気持ち解ります。部屋に飾っておきたい。アートだわ~^^

No title

まこちゃん、ボクも処分して長いこと経ってたんだけど、取り出してきたレコードを聴くために安いのを買いました(笑)

片耳が聞こえなくなったせいか、アナログの音もCDの音も同じに聞こえます(笑)

ジャケの写真、雰囲気がありますよね。

ナイス有難うございます~

No title

ここはもう、ショウサンには日本一マニアなロックバーを鵠沼か由比ヶ浜あたりに出して貰いたいです!
中央線よりコアなロックバーで!ショーンコネリーばりの渋いスタイルで!

No title

sidoさん、ダメですよ~
そんなこと言ってそそのかしちゃあ^
その気になるじゃありませんか~(爆)

ナイス有難うございます^

No title

ナイスジャケット!
音も聴きに行く~。

No title

sho*ha*ng*5さん
画像のレコード
見たことも、聴いたことも
ありません。
レーベル・デザインが
インドとかのイメージですね。
でも、みなさんのコメントを読んで
詳しいのでビックリです。

No title

まりっぺさん、このアーチスト、このレコードを知ってる人はよほどのマニアだけだけだと思います。

Uの音がブロックされたようなので、ついに1曲も聴けなくなりましたね。

Tacoma は西海岸のマイナーなレーベルだけど、Devil はその子レーベルだと思います。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア