FC2ブログ

記事一覧

The Graitful Dead 71年の2枚組みライヴ盤









デッドも何枚か持っていたが、見つかったのは71年リリースのライヴ盤だけ。

他は、見れない1千6,700枚の中にあるんだろう。


アメリカで国民的人気を誇るバンドでありながら、日本での人気のなさ。

その理由は、このバンドの本領がライヴにあるからだ。

来日しなかったんだから、日本での人気があがらなかったのもしようがない。




71年の11月か12月に発売された邦盤で、2枚組み。

定価3000円。

このころの3000円といえば大金だ。

ボクが初めて外タレコンサートに行ったのは、同年2月のB・B・キング初来日コンサートだったが、2000円したかしなかっただと思う。

外タレといえど2000円で生コンサートが見れた時代の3000円だ。



保存状態はすこぶるよく、レコードを綺麗に保存しようと思ったら物置に突っ込んだまま忘れているのが1番だと気づいた。

デッドの本領は、ライブで延々と演奏される即興演奏だが、このライヴ盤では2面全部を使った The Other One がそれにあたる。

18分5秒に収められているが、実際の演奏はもっと延々と続いたらしく、途中でフェイドアウトして収められている。

NY、カリフォルニア、フィルモア・イーストの3箇所で行われたライヴを2枚組に収めているが詳しいクレジットはない。


長い演奏を貼っても困る人が出てくるだろうから、このアルバムの4面に収録されている Me And My Uncle を。

ママス・アンド・パパスの John Phillips が書いた作品で、デッドは後年もず~とライヴでは取り上げていた。

3分4秒で聴けるってのが忙しい現代人には嬉しい。


このアルバムの音源もあがっていたけど、77年のライヴ映像でお聞きください。

消されていたので、アルバムから。

スポンサーサイト



コメント

No title

とりあえずの

No title

ライヴ中心の生活でしたからね。ジェリーが早死にしたのが残念でした

No title

私はスタジオ盤を持っていましたけど、ライブの方が魅力ですよね。

No title

thiwrodiさん、このバンドのごった煮感は、ライヴでしょうね。やっぱり。

No title

SGTさん、スタジオ盤も悪くないんだけど、ライヴが本領のバンドだと思います。
スタジオ盤は何を買い求めたんですか??

ナイス有難うございます~

No title

あ('∀`) これは家にもあるわ!ガレージの中に置きっぱなしだけど
出して聴きたくなってきた♪♪
書いてあるように、やっぱりライヴが魅力なバンドね凸
取っておいて良かったわね~♥

No title

joey さん、あっやっぱり~

Johnny B.Goode や Not Fade Away なんかも演っているので面白いですよ。
特に2面のインプロヴィゼーションは必聴です~

ナイス有難うございます~

No title

現地にいたのにストーンズを見逃し、デッドを見逃したのでした。
一生の不覚です。誰もいないキーストンには行きました。
この曲の疾走感ノリノリ感大好きです。
レコードきれい~。

No title

アリソンさん西海岸で暮らしていたことがあったんですか~知らなかった~!
西海岸にいながらデッドを見逃すなんて~!!
そりゃあもっと悔やんだほうがいいです(爆)

レコードの保存状態、特Aでしょう~(笑)

60年代にジョン・フィリップスの書いた曲って、どれもこれも素晴らしい曲ばかりですよね。

No title

知り合いにデッドへッズがいますよ^^
僕はまだCDも持っていないのですが、延々と続く即興演奏、とても気になります!!

少し前まで、音楽はきちんと起承転結の付いたものでなくちゃいけないって思いこんでいたのですが、延々と続く演奏の心地よさと危うさというのがクセになりつつあります^^

No title

のぶさん、いい友人がいますねえ~

60年代後半の西海岸では、バンド仲間が集まっちゃあ一晩中ジャムセッションして遊んでいたそうです。
そんな流れで、ステージでも演るケースが多かったと思います。

ボクは71年に、タジ・マハール旅行団という日本のアバンギャルドバンドが、2時間もの間、延々と演奏しているのに出くわしたことがあります。
メンバーが途中でトイレに行ったり、バナナを食ったりしたので度肝を抜かれたものでした。
渋谷にあったジャンジャンというライヴハウスです。

No title

このバンドはブロ友さんに教えてもらってちょろっと聴きました^^;
ライブ中心だったから日本で人気が出なかったんですね~
そうだったんだ~
しかし外タレのライブが2000円という・・・
いい時代だったんですね~今じゃ考えられないな^^;

No title

その当時にYoutubeがあったら人気が出てたかも。
今はライヴ中心のバンドの方が人気があるし。

No title

プチマリーさん、おお~知っていましたか~!

このバンドが日本で人気にならなかった理由は2つあります。

1つはライヴバンドだったこと。
もう1つはとらえどころがなかったことです。

日本のファンって、バンドにきちっとしたイメージを求める傾向にあるんだけど、このバンドはカントリーからブルースまで、R&Rからサイケまで、そのときの気分しだいでどんなスタイルもこなしちゃうんですよ。
変幻自在。

71,2年ごろまでは2000円前後だったんですよ~信じられないでしょう~!!

ナイス有難うございます~

No title

snow さん、ほんとにそうです。
当時はライヴどころか映像さえめったに見れなかったんですよ。

だから映画「ウッドストック」や映画「ラストワルツ」には狂喜したものでした。
いまはライヴバンドのほうが人気があるんですね~

No title

sido さん、ナイス有難うございます~

No title

katsu さん、ナイス有難うございます~

No title

ちゃーりーさん、ナイス有難うございます~

No title

tre*_mu**in さん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア