FC2ブログ

記事一覧

O.V. Wright の日本独自の編集盤と Back Beat 時代のアルバム











前回取り上げた O.V.Wright。

78年になると、Back Beat 時代のアルバム4枚が一挙に日本で発売された。

その4枚のアルバムのことはジャケ裏の写真を見てほしい。

ボクは71年に本国でリリースされた A Nickle and A Nail and Ace Of Spades の邦盤1枚しか買わなかった。

残りはそのうちに、と思ってるうちに買いそびれてしまったのを後悔している。


このへんは今、CD化されていていつでも手に入るからいいんだけど。









それよりも強調しておきたいのは、この78年に Back Beat(ABC傘下になった2枚を含む) 時代に発売された19枚のシングルのうち、アルバム未収録の13曲を集めて、日本独自のアルバムが発売されたことだ。

アルバムタイトルは All About Me。

多分桜井ユタカさんの尽力によるものだと思うので、氏にはいくら感謝してもし足りない。

この未収録曲もいまではCDに収録されているので、海外のファンに羨ましがられることもなくなった。

つまり、78年という年には、昨日紹介した Hi からの新作 The Bottom Line を含めて6枚のアルバムが日本でリリースされたことになる。

信じられないようなフィーバーぶりだ。




調べたら、来日は翌年の79年だった。







A Nickle and A Nail and Ace Of Spades から、アルバムタイトルにもなったA Nickle and A Nail。

このアルバムの中で一番好きな曲だが、桜井ユタカさんの解説によると、O.V. にしては珍しいレパートリーで、O.V. 作品を数多く手がけてきたプロデューサーの Willie Mitchell の好みだという。
アルバムではB面の4曲目だ。






All About Me からは、What About You。

67年の7枚目のシングルA面曲。

こんな素晴らしい曲がアナログ時代には、海外のファンにはシングル盤を手に入れる以外聴けなかったって言うんだから可哀相すぎる。

「O.V.の唱法で一番の特徴は、盛り上がったところで声をハイ・トーンにしてファルセット気味にスリリングに歌うところにある」と桜井ユタカさんが指摘している魅力がたっぷり味わえる作品です。


スポンサーサイト



コメント

No title

A Nickle and A Nailのすごくクールな感じと、What about youのウォームな感じ。すごく対照的だけど、イキフンのコントラストが際立っています。すっごいアーティストですね!!

No title

Back Beat 時代('∀`)
やっぱりゴスペルを通過したシンガーって歌い上げ方が
クルわね♪
私はWHAT ABOUT YOUの書かれてるような
>盛り上がったところで声をハイ・トーンにしてファルセット気味
のトコがおぉっ!てゾクゾクくるわね凸
に、しても日本でその時代に独自で発売されただなんて
凄い事よね♪

No title

のぶさん、そこんとこを分かってもらいたくて、対照的な2曲をわざわざチョイスしたんです。
分かってくれて有難うございます~

80年に亡くなったのが残念です。
生きていたら、もっともっと素晴らしい録音を残してくれたと思います。

ナイス有難うございます~

No title

joey さん、日本のソウルファンは英国と並んで世界の双璧です。
こんなとんでもない独自アルバムを作ったなんて信じられないでしょう~。

ゾクゾク来るでしょう~
ボクもそうなんですよ~
この人にはまった理由かな?

ナイス有難うございます~

No title

桜井ユタカさんって人は知らない人ですけど
解説はまさに言い得て妙って感じですね~♪
ん~渋いな~こんなに歌がうまい人ってあんまりいませんよね(^_^;)

No title

プチマリーさん、桜井ユタカさんは故人だけど、ソウルを日本に紹介した第1人者です。
サザンソウル好きでこの人に導かれてない人なんていないはずです。

O.V.の歌のうまさは天下一品だとボクも思います。

ナイス有難うございます~

No title

A Nickle and A Nailのそこはかとない悲しみが漂うサウンドはしびれますね。

No title

歌心があって声にコクとキレがある。数年前にCD10枚組みでしたっけ?リリースされていますよね。ちょっと食指が湧いて来ました。

No title

いいですね~
バックビート時代も最高です。

No title

お洒落なジャケットでいいですね^^

サウンドも歌も深みと凄みがあって最高にカッコいいです^^

ナイス!

No title

アリソンさん、ミディアムテンポでぐいぐい押していくこの曲、抜群でしょう~

No title

ティーンさん、ネットで見たら、ばら売りされてるみたいですよ。

No title

tre*_mu**inさん、ボクはこてこてのディープソウルファンだから Back Beat 時代のほうが好きなんですよ~
Hi レーベルになると、バック陣は変わらないんだけど、少しお洒落なサウンドになったと感じるんです。

ナイス有難うございます~

No title

ゴールドさん、何十年たっても聞くたびに魂が揺さぶられる数少ないシンガーの1人です。

ナイス有難うございます~

No title

日本独自のアルバムを出すとは凄いですね!!
それほどレコード会社に熱い思い入れがあったのか 根強いファンがいたのか
両方なのでしょうね

雰囲気の違う2曲だけどそれぞれ渋い
凄いアーテイストだったんですね~
ナイス☆

No title

チロルさん、コアなソウルファンの間では有名な人だったそうだけど、邦盤が発売されて(つまり日本に紹介されて)ソウルファン以外にもファンが増え、爆発的に火がついたんだと思います。

歌唱力が半端なくすごいでしょう~~~

ナイス有難うございます~

No title

katsu さん、ナイス有難うございます~

No title

B.D.さん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア