FC2ブログ

記事一覧

Don't Play That Song・・・・カトリーヌ・スパークにみんな持っていかれた






ベン・E・キングのアルバムタイトル曲、Don't Play That Song(you lied)を聴いていた。

ふと、この曲のことを調べる気になってググッたら、なんと60年代に9人、70年代に4人、そのあとは94年、06年、13年とカバーされている
(レコーディングされなかったケースも含めるともっとあると思うが)。

ベン・E・キングで聴くと、そんなにいい曲だとも思えないのに、他の人で聴くと、とてつもなくいい。

ベン・E・キングのアルバムがアメリカで発売されたのが62年8月。

1ヵ月後の9月に早くもイタリアでカバーされていた。

ペピーノ・ディ・カプリという人。


















もちろんボクは知らないが、日本でも有名な大歌手らしい。

カプリ島の出身なので、そう名づけられたそうで、バックのバンドはロッカーズと言い、58年にレコードデヴューしたそうだ。

早速聴いてみましょう。






と、なななな~んと映像のしょっぱなにボクのヴィーナス、カトリーヌ・スパーク様が~!!!

こんな映画知らないぞ~とまたまた調べた。

62年のイタリア映画で「追い越し野郎」というコメディタッチの映画だそうだ。

映画の中のカトリーヌ・スパーク様のお写真をどうぞ~~~
































興奮したので、あとはどうでも良くなった。





英国ブルーアイド・ソウル・アーチストのなかでも真っ黒けの気のクリス・ファーロウ。

この人のヴァージョンは64年8月。

Immediate 盤の 14 Things To Think About のA面最後に収録されていた。























69年のカバーからはアメリカに亡命したキューバの歌姫ラ・ルーペという人を。

ラテンソウルの女王とかサルサの女王とかいわれてる人だそうだ。


















スポンサーサイト



コメント

No title

ベン・E・キングもB・Bキングも亡くなってしまいましたねぇ。
30日にJ・Bの伝記映画を観に行く予定です。

C・スパークとC・ドゥヌーブとゴチャゴチャになってしまってます!私の年代だと、やっぱりアン・マーグレットですかな!?

No title

チャミキンさん、アン・マオ^-グレットですか~
彼女にはあんまり思い入れがないですね。
エルヴィス映画を観なかったせいでしょうね。

ドヌーヴの若い頃もめちゃくちゃ綺麗だったのをU投稿の映画で知りました。
「昼顔」以外、綺麗だと思って見たことがなかったんです。

JBの伝記映画なんてのが作られたんですか~?!!

No title

shoさんの女神、ナチュラルな雰囲気でかわいらしい人~

やっぱり欧米の人って反則だよな~って思います~(^_^;)

曲も同じ曲なのに全然違う曲みたいに聴こえますね^^;
キューバの歌姫さん、一瞬脱ぐのかな?って思ってしまった^^;
気合入ってますね~w

No title

おぉ、('∀`) 確かに曲より私も映像に目がいってしまった!
可愛い~凸この映画、観た事ないけど面白そう♥
クリス・ファーロウもやってたのね♪
キューバの歌姫ラ・ルーペって初めて知ったけど情熱的ね('∀`)

No title

プチマリーさん、綺麗で可愛い女優さんでしょう~
中学のとき「太陽の下の18歳」がリヴァイヴァル上映され、とりこになりました。

イタリア、英国、ラテン、それぞれの持ち味が出てて、同じ曲なのに違って聞こえますよね。
面白いです。

ナイス有難うございます~

No title

joey さん、曲もいいんだけどね~カトリーヌ・スパークが出てきたら、なにもかもそっちへもってかれます(苦笑)

この映画も面白そうですよね。
調べてないけど、多分DVDがあると思う。

ボクもこのラ・ルーペって人は初めてですよ~
ショウビズど真ん中の人って、ガレージロックファンには縁遠いですよね。

ナイス有難うございまず~

No title

ホフナーさん、ビートルズや007はひとまずおいときますが、「太陽の下の18歳」の音楽はラジオではず~っとロングセラーでしたね。

No title

> sho*ha*ng*5さん
そう何ですょ~ねぇ~っ。 ですから バンドでやる前に大体覚えてしまっているので 比較的楽でしたねぇ~っ。 まさか ラジオで ここまで受けるとは 全く思いませんでしたねぇ~っ。 だってかわいこちゃんの映画にサントラが男性の歌ですょ。 この頃イタリア映画もフランス映画も 音楽が面白かったですょねぇ~っ。 日本とは 大違い。 流行り掛けたTwist から早くもGo-Go! に換わって行きました。 火付け役の形と為りましたねぇ。 アメリカでは丁度Surfin'ブ~ム。 英国ではCliff や Beatles。 日本ではVentures, Beatles, Stones でしたねぇ。 このカトリ~ヌスパ~ク 共演者の男優さんと御結婚 でも 直ぐ別れたと訊きましたが?

No title

ホフナーさん、この60年代前半のことは、リアルタイムで意識的に知ってるわけではないんですよ。
はっきり言えば、まだ関心外だったから。

ツイストもゴーゴーもサーフィンも知っていたけど、子供とは関係のない大人の世界と思っていたので、アバウトな知識しかないんですね。
のちに関心が生まれて追求したけど、英米でのことで、当時の日本での関心については資料を集めもしなかったので、記憶に頼ってる有様です。
カトリーヌ・スパークの結婚相手~??
全然知りません。
そんなやつはライヴァルだ。許せん~(笑)

No title

ベン・E・キングの顔は初めて見ました^^

イタリアでのカバーもいいですがクリス・ファーロウのバージョンは情熱的で素晴らしいです^^
ラテンソウルの女王はお笑いみたいでナイス!

No title

(✿☉。☉)ハッ・・・簡単に興奮するshowさん・・・オハヨウです

カトリーヌ・スパークって
一時wowowでヨーロッパの映画ばかりする時期があって
遠い記憶でエロティックなタイトルでしてましたわ
痴情の森
女性上位時代
いい感じのタイトルなんでブログにしたいくらい
美しいから次々・・・男を変える
showさんも食べられちゃって・・・ポイされちゃうかも

ベン・E・キングの顔・・・はじめてみました

ヨーロッパの女優さんは魅惑的な人が多いです

No title

ゴールドさん、このアルバムは70年代に再発され、ボクはそれを買いました。
で、「スタンド・バイ・ミー」以外は気に入らなかったので、2,3回聴いて、あとはお蔵です。

クリス・ファーロウ、さすがに素晴らしいですよね。
ラ・ルーペはわけがわからないですね。
ダイナマイトってことだけは感じるけど~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

ももちゃん、wowow には加入してないので知らなかったんだけど、連続でやってましたか~!
いいなあ^
「女性上位」はリアルタイムで観た映画です。
リアルタイムで観たカトリーヌ・スパークはこの1本だけ。
あとはリヴァイヴァルと名画座です。
ラスト、トランティニヤンが馬になって、寝室を歩き回るシーンが忘れられません。

「痴情の森」、タイトルさえ知らなかったけど、意味深ですね。
観たいなあ~といって、どうせエロ映画じゃないのは分かるけど。

ももちゃんもベンEの顔は初めてでしたか。

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん
ぃゃぁ‼ それが普通ですょ~っ。 私は 20才の時 King Record におりましたので 嫌でも 耳に入って来ました。 その後 ラジオ番組製作でも 当時のリアルタイムのヒットチャ~ト曲のレコ~ドを買ってきて番組で流しておりましたょ~っ。 ですから 放って置いても 黙っていても 耳に飛び込んで来ましたねぇ~っ。 そうで無くとも洋楽大好きな私ですが 国内の情報は King 時代に ついでに洋楽部も有りましたから

No title

カトリーヌ・スパーク様、特に2枚の写真に萌え~。
ラ・ルーペ様は歌いだす前のフリで、何かが降臨しそうな勢いです。

No title

春車さん、カトリーヌ・スパーク、綺麗な人でしょう~
この写真のとき、18歳のはずです。
外人は年をとると様変わりする人が多いので、その後の彼女の写真は見ないことにしてます(笑)

ラ・ルーペ、初めて聴いたけど、びっくりしましたよ~(笑)

No title

はは~確かにこれってカバーの方によりいいのがある曲ですね~♪

No title

ちゃーりーさん、そうみたいですね。
ベンEのこのアルバムって、「スタンド・バイ・ミー」以外はつまらなかったんですよ。
それなのに、つまらないと思った曲を他の人が演ると滅茶苦茶いい~

ナイス有難うございます~

No title

「女の子が可愛い」は正義です!

No title

ティーンさん、そうだよね~
価値観が一緒だから気が合うんだよな~(爆)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア