FC2ブログ

記事一覧

自選駄洒落集。場外乱闘編・・・伝説のプロレス試合・・・・Rikki Ililonga

アントニオ猪木とジャイアント馬場は、それぞれ団体を率いていたので、直接対決する機会はなかった。

誰もがそのことを知っている。

が、ボクが手に入れたシークレット情報によると、1度だけ、ノーTV、ノー観客で試合をしていたのだ。


試合はプロレスのメッカ、後楽園ホールの地下にあったフォール寿司特別リングで行われた。

試合を裁いたのは日本プロレス時代の名レフェリー、沖し来な。

小太刀アナウンサーが実況中継をしていた。解説は紙風邪さん。


試合はこんな風に始まったそうだ。


小太刀アナウンサーの実況でどうぞ。







馬場、猪木、両雄とも緊張した面持ちでリングに登場してきました。

互いに距離をとり、にらみ合っています。

まずは手四つに組み、手探りからイカもの食いに走っています。



あっと~、ここで、馬場がいきなり伝家の宝刀「脳天唐竹割り」を繰り出しました。

グローブのようなでかい手で割り箸をつかみ、猪木の頭上で割るという荒業です。

1本~、2本~、3本~・・パキッ、パキッ、パキッ・・・

いやな音を立てる強烈な攻撃にも猪木倒れない~。

歯を食い縛ってこらえています。

・・・・7本、8本、9本 、10本~!

猪木、倒れない~!!

立っています。

なんという不屈の精神力でしょう。


10本の脳天唐竹割をもらって倒れなかったレスラーは猪木1人です。

馬場もあきれかえって見ています。



おお~今度は猪木が攻勢に出ました。

沖レフェリーに甘エビの注文です。

猪木選手、甘エビを口の中に放り込むや電光石火の早業でエビをくるりと口の中でまわしました。

馬場選手、猪木の回転エビ固めに完全に丸められています。



ワン、ツウー・・・あ~と馬場選手、返しました。


紙風邪さん、危ないところでしたね~

そうですね。コホンと咳をしたらスリーカウントが入ってるところでした。甘エビだけに技が甘かったんですね。



それならと、馬場選手、〆さばの注文です。

難しい試合を裁いている沖レフェリーへの賛辞でしょうか。

試合を〆るにはまだ早い時間です。


続いてヒラメの注文です。

なにか閃いたんですね。


今度はブリに手が伸びましたよ。


紙風邪さん、大技が出そうですね。


馬場選手、ブリを美味そうに食っています。


息もつかせず、猪木をロープに振りました。

リバンウンドしてくる猪木に~・・、出ました~


ランニング・ネック・ぶり~か~!!


すかさずフォールの態勢です。

あ~っと、猪木選手、カウントワンで跳ね返しました。


場内割れんばかりの拍手です。


おお~、今度は猪木選手がタコを注文しましたよ。

伝家の宝刀を抜くんですね。


馬場の手足にタコのように絡んだ猪木のオクトパス・ホールドです。卍固めともいいます。


猪木、渾身の力で絞り上げています。

馬場選手、こらえる~こらえる~


1歩、2歩、3歩・・ロープに近づき、あっと~ロープに手が届きました。

ロープブレイクです。

無念、猪木~!

始まったばかりだというのに、白熱した攻防に場内騒然です。



まだウニもトロも残っています。


高級ネタを手に入れるのは馬場か、猪木か、場内固唾を呑んで見守っています。


猪木のセコンドについてる藤波も長州も前田もよだれを垂らしながらじっとリングを見つめています。

馬場のセコンドについてる鶴田も天竜も三沢もウニ、トロから目が離せないようです。


ああ~、6人のセコンド陣がいっせいにリングになだれこみ、ウニ、トロに向かって殺到していきました。


なんということでしょう~

そこに、外人控え室からトロ姐さんまで乱入してきました。

もうリング上は大混乱です。

収拾がつきません。

ノーコンテストです。ゴングが打ち鳴らされています。

これ以上悲惨な実況は続けられません。









寿司食うトロです。




























番外編だから、アフリカ・ザンビアのサイケ巻きを食べましょう~

Love Is The Only Way。

スポンサーサイト



コメント

No title

シークレット情報をどこで入手してくるのか知りたいわ('∀`)
プロレスは全く詳しくないけど、この話は覚えてるわ!
寿司食うトロで思い出した(笑)
Rikki Lliongaって不思議なクセになるような感じがする音出すわね~凸
スージーのお腹周りが少し気になる♥

No title

いつも、思うんだけど

過去の記事を見返すと
前の方がもっといい感覚持っていたんだと思う
どうやって作ったのか覚えてない程、難しい事してた
劣化か


showさんは・・昔の自分を見てどう思った

momo覚えてもいるよ
トロ
曲よりshowさんのダジャレを記憶しちゃって~・・・
いいのかな

No title

joey さん、シークレット情報はねえ~Cクレジット会社から買ってくるんですよ~(笑)

おお~覚えていてくれたとは嬉しいなあ~

スージーの体型、この頃から変わり始めてきたんですね

この人、不思議な感覚で満たされてますね。
くせになります。

ナイス有難うございます~

No title

実は無名時代 力道山の弟子の頃は馬場 猪木は何回も闘い 猪木の全敗だったそうですね。

馬場は最強説もありますが馬場は一番弟子のジャンボ鶴田には敵わないと、鶴田には強すぎて練習させずテニスのラケットだけ振らせてたみたいで

寿司くいたいすね

No title

ももちゃん、勢いってのがあるから、乗ってるときに作ったものは出来栄えもいいですねえ。
ルーティンワークになると、水準を維持していくのが大変です。
仕事ならそれも当然だけど、こういうお遊びで波があるのは仕方がないですね。

おお~ももちゃんも覚えていてくれましたか~

音楽より駄洒落を記憶してる~!!
ますます素晴らしい~

ナイス有難うございます~

No title

sido さん、はい、下積み時代の猪木は何度か闘って負けてます。
馬場は既にスター選手だから、プロレス界の裏を知ってれば当然の結果ですね。

肉体のナチュラルな強さでは鶴田が一番だったとボクも思います。

プロレスは格闘技と違い、どこまで相手にやられてもつのかを感覚的に捉えるスポーツだから、最強プロレスラーが誰か?を言い出したら一人ひとりみんな違ってくるんです。

寿司食いたいよね~

No title

ついお昼にお寿司食べちゃった(^^ゞ

私もshoさんに1本!
〆サバで!

No title

snow さん、お寿司を食べてきたんですか~!
ウニ、トロで場外乱闘に巻き込まれませんでした??

〆さば1本、有難うございます~
へ~い、お待ち~!!

No title

馬場や猪木の全盛期は幼い頃の遠い記憶で覚えています。

でもそんなシークレットな試合があったとは驚き~寿司食うトロもカッコいい~
音楽はネチョネチョしててヤラシイ~ナイス!

No title

ゴールドさん、そんな子供時代になるんだ~
ううう・・・落差を感じるなあ~~

悲惨な試合だったので歴史に封印されたんです。
CIAの金庫室に眠っていた資料から掘り起こしました~
いいのかなあ・・・ばらして・・暗殺されるかも~

で、この音楽がヤラシイ~え~~~~~そりゃあ誤解だよ~

ナイス有難うございます~

No title

ホントにプロレス大好きなんですね~
プロレス愛がビシビシ伝わってきましたよ~ww
これも前に読んだような^^;
スージーさん、かわいかったのにね~
サイケ巻もふわふわぐるぐるまわりそうです~♪

No title

プチマリーさん、プロレスキチガイだったんですよ~
おお~覚えていてくれたなんて嬉しいなあ^
是非ご主人に読ませてください。
プロレスを知ってる人が読んだら絶対面白がるはずだから。

このシリーズは昔の記事の採録なんです。
自分でも何を書いてたのか覚えてなかったので、過去記事をチェックして気に入ったのを採録してます(笑)
でも2回読んでも笑えるでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

師sho!
前回の記事で「♪sky high」をUPしたばかりです。

力道山については青春時代にいろいろ思い出があります。
赤坂にあった「リキアパート」のプールによく遊びに行ったものです。「赤プリ」のプールの半額以下で入れましたからネ~。
当時、力道山の長男と奥様もよく来てましたヨ。
それから間もなくですネ・・例の事件があったのは!
あの事件もちょっと私の知り合いだった人が絡んでたのですがネ。

No title

スゲー!!!!そんな対決あったんだ~~~~~(笑)

No title

チャミキンさん、ミル・マスカラスのファンでしたか~!

赤坂のリキアパートにはプールまであったんですか~!
高級マンションだったんですね。
あの事件のことは以前お話を聞きましたね。

ナイス有難うございます~

No title

thiwrodiさん、誰も知らない極秘情報です。
イメージが壊れると思ったらしく、機密保護に指定されてました。
ボクはスノーデンさんの協力で情報を手に入れたんです~

No title

沖識名レフリー...これを知っている人は相当なオールドファンですね笑

No title

ティーンさん、ぎくっ・・・・

No title

プロレスは痛々しくて見てられないです

血の出る競技は無理かも…(≧∇≦*)

No title

カノンさん、プロレスの血は本物なんだけど、了解の上で流してるんですよ。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア