FC2ブログ

記事一覧

運命を変えるその一瞬・・・The Dog Soul と The All Night Workers





仮にジャガタラ商会としておく。

やはり30年前の話だ。


生まれて初めての駅に降り立ち、生まれて初めての街を歩いていた。

突然、頭の中に「ジャガタラ商会」という言葉が浮かんだ。

何のことだか分からない。

映画の話か、TVの話か、小説か、脳みその中を引っ掻き回しながら歩いていた。

あんまり引っ掻き回したので、ナスの味噌漬けが美味しく出来上がりそうになった頃だ。

石造りの古びた建物が現れた。

古い建築物が大好きなボクは、立ち止まって、しげしげと眺めた。


と、玄関プレートに「ジャガタラ商会」の文字が刻まれていたのだ。


あまりの偶然の一致に、ボクは呆然と突っ立ったまま、会社のドアを開ける勇気がわかずたたずんでいた。
そのまま引き返してしまったが、後から思い返すと、あれが人生の分かれ目だったに違いない。

1歩ドアに踏み出せば、受付に運命の女(ひと)が座っていたかも知れず、2人は一目惚れして幸せな人生を過ごしたかもしれない。

ひょっとしたら、幼い頃に生き別れた父親が会社の経営者で、ボクをひと目見るなり、会社を譲ってくれたかもしれないのだ。

しかし、ボクはチャンスをつかみ損ねた。

2度とそんな幸運はめぐって来なかったのだ。


人生には誰もに、そんなチャンスが一度は訪れる。

そのチャンスをモノにできるかどうかで、運命は変わってくるのだ。


1歩踏み出すというのは博打に似ている。

しかし踏み出さなければチャンスは手に入らない。

桶狭間に乗りだす博打を打たなければ、その後の信長はなかった。

反対に、大阪城の秀頼はいちども戦場に立つ博打を打たなかったので自滅した。

戦場に立てば、家康から寝返る武将たちが次々に現れて来たはずだ。





教訓:無精は身を滅ぼす。











21世紀に入って、60年代音楽の発掘は一段と熱を帯びてきたので、めぼしいのは、あらかた発掘され尽くしたのかと思っていた。

09年から始まった rare mod シリーズ。

13年にリリースされた vol 4 には、優れもののレアな音源が満載されていた。

この盤(CDとヴィニと両方ある)は、ほんとにすごい~



全部紹介したいところだが、初っ端と2曲目だけで我慢してくれ。


1曲目、この vol 4 で発掘された Dog Soul の Big Bird。

Artwoods でギターを弾いていた Derek Griffith のバンドだそうだ。

Derek Griffith はセッションマンになったと聴いていたので、びっくり。


Artwoods 再評価のきっかけになった83年の Edsel 盤解説はこの Derek Griffith が書いているが、他のメンバーのその後には触れているものの自身については何も語っていない。

実体があったのか、レコードがリリースされたのかどうかまでは情報不足で分からない。













Artwoods 時代の写真。右端が Derek Griffith です。






2曲目は All Night Workers の Tell Daddy。

65年から72年まで West London で活動したこのバンドは、トータルで30人近いミュージシャンがメンバーに名を連ねているそうで、継続的関連性はあるものの、それぞれの時代で、全く異なるメンバーだったようだ。

この曲は第5次 All Night Workers のプレイだそうで、当時の写真が見つかったので貼っておきます。










The All Night Workers, circa January 1969, left to right: Geoff Glover, Doug Ayris (back), Johnny Baker, Malcolm Randall, Clyde Barrow and Brian Mansell (Photo from Brian Mansell)




おまけです。

4曲目に入っているアーチスト不明の Coming Home Baby。

高校時代、ボクが初めて買ったジャズのレコード。

ハービ-マンの「ヴィレッジ・ゲイト」で聴いていた。

この女性はメル・トーメスタイルです。



















スポンサーサイト



コメント

No title

the artwoods - can you hear me /I take what i want
・・・今夜アップしようと思っていたけど・・・ヤメ
Derek Griffith は有名だから・・・出てました

showさんの・・・真骨頂を久々に聞いたよ・・・ナイス

調べても英文ばかりで・・・お目めが・・・疲れちゃう
前振りのお話し・・・ぶっ飛び・・・スンマセン
この年代の音
ソウルフル
いいんで・・・聴きこんでしまいます

No title

shoさんは絶対特殊能力を持っていますね。
宝くじを買ってください♪

でも、その扉を開けなくてよかったんだと思いますよ。
きっと今とはまったく違う人生が待っていたかもしれませんが
今の人生も十分に幸せでしょ?
違う道を通っただけで、着地点は同じなのかもしれません。
結局、shoさんにぴったりの素敵な奥様に出会ったんですから。

オサレなジャケットだな~
最近のアルバムのアートワークだと言われても同じ感想を持ちます。

No title

不思議な体験されてますね~
今の人生に不満がある訳ではないけれど、あの時こうしていたら
どんな人生が?なんて事を考えるとちょっと楽しいですね。

今年は桜が満開になるまで早かったですね~

No title

ももちゃん、アートウッズは日本でも超有名になったので日本語の記事がたくさんあるはずですよ~
どこまで詳しくかは知らないけど。

80年前後のあのうんざりする音が洪水のように流れていた時代に、こういう音に出くわしたんだから夢中になったの分かるでしょう~

ナイス有難うございます。

No title

snow さん、4億円当たりたいんだけど、ちっとも当たらないんですよ~
役に立たない特殊能力かも

違う人生、って夢見るけど、生まれ変わったとしても人間は同じ人生を歩むように出来てるんだと思います。

このジャケ2013年のコンピ盤だから、最近のアートワークですよ(笑)

ナイス有難うございます。

No title

anzu さん、人間って生まれ変わっても同じ人生を歩むと思ってるんだけど、違う人生を歩んでたらと考えるのは楽しいですよね。

千鳥が淵へはもう行きましたか??

ナイス有難うございます。

No title

ジャガタラ商会の扉を開けたら、村上春樹の1Q84のような別世界に行っちゃってたかもしれませんよ~う。

ジャガタラ商会に巡り合ったら、入ってみます。
ブログ更新しなくなったら、「あっちの世界に行きやがったな」と思ってください。

No title

春車さん、高速道路の階段を下りるよりは、ドアを開ける方がラクチンでいいですね(笑)

おお~青豆さんたちの世界に行っちゃうんですか~

村上春樹は読者を宙ぶらりんのままにしてるんだから、早く続編を書いて欲しいですよね。

No title

おぉ('∀`) 最初の文章を読んで何だか知的な面が凸
私も運命の扉を開け損ねたわ~;
rea mod シリーズには本当にいい曲が沢山入ってるわね♥
この辺りも大好きだから集めたいんだけど
どんどんお宝音源が出てきて全ては追いつかないわ;
DOG SOULもゴキゲン♥Tell Daddyもステキ('∀`)
'Coming Home Baby' の詳細もわかるといいわね~♪♪
お魚にもナイス~♥

No title

joey さん、運命の扉は常に開かれてるんです。
1歩踏み出すかどうか、この先も分かれ目が訪れますよ。

ほんとに、2000年代になってからの発掘はすごいですね。
欲しいのを全部買い求めるなんて無理です。

Tell Daddy、今日一番のお勧めです~!

ナイス有難うございます~

No title

確かに踏み出さなければチャンスは手に入らないですよね~^^

レコード収集にもそれが言えると思います^^

音楽もガッツがあってカッコいいです^^

庭に池があるなんて羨ましい~

ナイス!

No title

ゴールドさん、分かってはいても一歩を踏み出すって怖いですよね。
失敗したらどうしよう~とか考えると・・。

このへんのサウンドは大好物なんですよ~

ナイス有難うございます~

No title

(#^ワ^#)おはようございます



早速の訪問、どうもありがとうございました

元気チャージ( ^^)/▽▽\(^^ ) アリガトウ

チャンスに気づかない…そんな風にはならないように

気をつけます(//∇//)

次々回、銀閣寺をアップしますね

早くも火曜日になっちゃいましたが…

今週もヨロシクお願いします

No title

カノンちゃん、お早う~

そうそう~いい人が現れたら、チャンスを逃がさないようにね。

銀閣寺の写真、楽しみにしてます~

ナイスも有難うございます。

No title

何もせずに後で悔やむより、失敗してもいいから後悔しない人生を選びたい・・・・と、若い頃は思いましたが、いま、そのツケが回ってきて、くだらない余生を過ごしている自分。
ジャガタラ商会のドアの向こうにはきっとジャガイモとスケソウダラが・・・・。

No title

ジローさん、何をおっしゃいます。
幸せな老後じゃありませんか。

ジャガイモとスケソウダラが待ってたのか~
タラの味を染み込ませたジャガイモは美味いだろうな~食い損ねたんだから、やっぱり後悔です

ナイス有難うございます~

No title

おぉ~なぜか背筋がぞぞっときました^^;
運命を変えた一瞬か~
自分の知らないとこで分岐点があったのかな~??
それがどこだったのかわかれば見てみたい?かな^^;
でも今がとりあえず幸せなら見なくてもいいかな~とか。。
曲イイですね~アシッドジャズ、めっちゃかっちょいい~!
あ、鯉もいるんですね~お金持ち~shoさん♪

No title

プチマリーさん、今が幸せだから、変わらない運命で良かったんですよ~

こういうサウンド、80年代にのめりこんでました。
いまだに大好きです。

このでかい魚は鯉じゃなくて金魚なんですよ(笑)
広いところで飼うと先祖返りして、20数センチになるんです。

ナイス有難うございます~

No title

30年前に人生の岐路を決める場面があったんでしょうか。
秀頼の話は大坂の陣を読んでるとイライラしてしまいます。

音楽は黒っぽくてイイですね!

No title

ティーンさん、実話です~(笑)
大阪の陣の秀頼は情けないですよね
母親に完全にスポイルされて育ったんでしょう。

モッズは黒が大好きだったから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア