FC2ブログ

記事一覧

屁の法則・・・・The Hard Times






Hard Times が66年に残したシングルは両面とも抜群だ。

もちろん下手くそだけど、この下手さに味があるのだ。

たとえて言うなら屁の味が愛しくなるのに通じる。

た、他人の屁ならどうよ?

って聞かれても困る。

しかし、屁が臭いという理由で離婚した夫婦の話を聞かないので、愛しいはずだ。




ドラムとファズギターが特徴的な I can't wait till Friday comes。



B面の(Old wine) New bottles。





ところでこのティ-ンバンド、同じ頃のサン・ディエゴの Hard Times と混同している記事がある。

Uの書き込みにもある。

が、別のバンドのはずだ。
















スポンサーサイト



コメント

No title

I can't wait till Friday comesの世の中をなめた様なワルぶった歌い方が良いですね~。ガレージはshowさんのところで聴く様にします。

No title

屁の臭いで離婚する夫婦なんて、なんにもなくてもそのうち離婚しますよね。
たかが屁・・されど屁

上手くはないけど味がありますね。
リズムがいい。

No title

屁が臭いという理由で離婚した夫婦の話を聞かないけど
○| ̄|_ =3 をかけられて別れた女ならココに('∀`)
に、してもやっぱり、この荒々しさイイわぁ~♥
New bottlesもいいけど I can't wait till Friday comes 、
カッコイイわよね~♪凸♪
好きな人の =3 がバラの香り伝説はウソだったわ♪

No title

おぉ~カッチョいい~♪
ゆら帝のアーモンドのチョコレートを思い出しました~
コレ好き(*゚▽゚*)
もろタイプです~ギターの音、最高~凸✩~//

No title

ティーンさん、Fuzzy Pricer という人が書き込んでいて、バンドメンバーだと言ってます。
彼を信じるならば、2曲とも彼が書いたそうです。
録音はメリーランド州のAccokeek。
サン・ディエゴの同名バンドとは、やはり別ですね。

No title

snow さん、別れる夫婦は屁でなくても別れますか~(笑)

味がある~いい言葉ですね~最高の褒め言葉です。

ナイス有難うございます。

No title

joey さん、ここに、って~(爆)
薔薇の香りじゃなかったんだ(ははは・・!!)

単純なコードだけで、ここまでかっこよく演れたんだから、もう何枚かレコードを作ってもらいたかったですよね。

ナイス有難うございます~

No title

sho*ha*ng*5さんとこのお庭はアウンサンスートーが閉じ込められていた家の庭のように広いのでしょうか?いつも森の木陰でドンジャラホイしているのでしょうか?

No title

むかし、妹は恋人の屁の香りで、危うく死にそうになった経験を私に語りました。殺されるトコだった、と。
今、その二人は夫婦になっております。

No title

> 春車さん、屁が取り持つ縁だったんですね~
きっと屁い和~な家庭だと思います

No title

『執拗なリズム、荒削りで明快なサウンド、素朴で、そして流れのいいギターソロ、「さあ、みんなに聞かせよう、それ行け!」というときのいいかた』

『自分を解き放ち、祈りやダンスや音の攻撃に体をまかせようとするとき、心を楽しませ感動させるのに、いろいろな言葉や形態は必要ない。

この曲には、ロックン・ロールを聞いて心を動かすという重要な体験を誘発する適切なタイミングあるということができる』

これは、ポール・ウィリアムズがKingsmenのLouie Louieについて評した言葉ですが、60’s Garage Rockの美点についてうまく言い表していると思います。

No title

そうそう
へのにおいを愛せるかどうかでホントの愛かどうか分かると言いますね!

No title

> weirdotalesさん、Gray Ant のオーナーが Vermont と言うのは分かったんだけど、Link
Wray のお兄さんでしたか~!
写真を借りてきたサイトで Dead Beats のほかに子のスタジオからはもう一枚あると書いてましたね。

Fuzzy Pricer という人のコメントを信じるならば、やはりそのへんのバンドということになりそうですね。

No title

> weirdotalesさん、ポール・ウィリアムズの言葉は至言ですね。
ガレージに心惹かれる理由をずばりと言い当ててます。

No title

ちゃーりーさん、そうです。そうです~
変態道の極みです

No title

2曲目がいいな。
導入部からいい感じ~♪
ちらり入るギターソロもいいね。
これ、踊りたくなっちゃうな。

No title

I can't wait till Friday comesカッコいいですね^^

ジャリジャリしたサウンドが聴いてきて心地よいです^^

New bottlesもパッって言ってるコーラスが素敵です^^

ナイス~

No title

『屁の法則』‥題名で吹いた ぶはぁ(≧▽≦)ゞ
屁の哲学ってshoさんくらいしか語る人いないよね(笑)

八つぁん「隣りの家に囲いができたんだってな」
熊さん「へぇ」
とか‥
八つぁん「隣りの家に囲いができたんだってよ」
熊さん「かっこいぃ」
なんていう初心者落語はshoさんレベルになると屁でもないだろうし(笑)
と思いつつ「屁の法則」とは‥?

おぉ!「屁の味が愛しくなる」ですか
なんという名言!深いですね~
人生経験豊富じゃなきゃ言えない言葉だわ♪
離婚しない夫婦は屁が愛しい ってことなのね ナイス☆

No title

チロルさん、ははは、屁には人間関係を深める絆ながあるんですよ~
2度目の結婚にも失敗する女性は、2度目のご主人と最初のご主人の屁の臭いを比べるからだと言われてます。
男って、屁の臭いを比べられると傷つくんです~~

で、初心者落語、木久扇師匠みたい~(爆)

ナイス有難うございます~、

No title

凄くいいですね~!!声もすごくいいですね。勢いを感じます。
屁も勢いが肝心ですからね。尻がゆるいのでよくでるんですけど、通勤電車の中ではしないように気をつけています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア