FC2ブログ

記事一覧

可愛いあの娘(やつ)・・・・The Blues Project









今日は3連休の初日。

関東地方は見事なまでの上天気。

気温もぐんぐん上がってお出かけ日和。


お金のないボクは、人混みは嫌いだと強弁して、1日中庭掃除にいそしんだ。

外に出ないのでお金は使わなくてすむし、住まいも綺麗になる。

一石二鳥だ。


と、ほんとに小鳥が石の上にやってきたのだ。

メジロやスズメよりちょっとだけ大きく、背中に白い紋のある小鳥。

キビタキに似ているが、色が違う。

なんて名前なんだろう。

ご存知の方は教えてください。


人懐こく、ボクの近くにやってきては何時間もいっしょに過ごしてくれた。


10年前、リハビリのためにやはりせっせと庭掃除に精を出していたことがある。

そのときは1羽の山鳩が必ずやって来て、一緒にいてくれた。

ぽっぽちゃんと名づけて可愛がっていたが、いつ頃からか現れなくなった。


今日の小鳥にはまだ名前をつけていない。

名前も募集します~




昨日の朝、突然「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渡れ」という健さんの映画タイトルが浮かんだので、昨日はその映画評を書こうと思ったのだが、止めた。

というのも、ボクが記憶していたのは映画のタイトルだけで映画そのものは観ていないからだ。

観ていなくても、レヴューが書けるのがボクのすごいところなんだけど~

こんなレヴューになるはずだった。



映画を観てきた方の観想を聞きましょう。

女性の方です。

あれ?? 怒ってません??

女性観客:ぷんぷん。許せないわ。「君よ、不倫の河を渡れ」だなんて~


男性の方の観想も聞きましょう。

おや?? 泣いてますね??

男性観客:あんまりだ~健さんに、「君よ、糞尿の河を渡れ」だなんて~



今日の新聞を見たら、BS4チャンネルでこの映画「君よ、憤怒の河を渡れ」を14時から放送とあった。

あまりの偶然の一致にびっくり。

もう消えてなくなったはずの予知能力なのか??
















説明不要の Blues Project です。


アルバムだとライヴ盤の Live at The Cafe Au Go Go にこの曲が収録されているが、同じ年(66年)リリースのスタジオ盤アルバムのジャケを。

メンバーの顔が分かるからだ。

左から2人目が Al Kooper、右から2人目が Steve Katz です。



折角だからオリジナルも聴きましょう。

曲を書いたのは Willie Dixon で、彼自身のレコーディングもあるが、Howlin Wolf のために書いたので、最初に現れたのはハウリン・ウルフということになります。












スポンサーサイト



コメント

No title

ハウリンウルフかっこいい~。
小鳥の名前は「ことりちゃん」でどうすか?
そもそも予知能力があったんかどうかも定かでないような・・・

No title

ゴールドさん、有難うございます。
確認できました。
間違いなく、ジョウビタキのオスですね。メスはまた違う色なんですね。

横浜は日中も寒かったんですか~!
こっちは朝晩は冷えたけど、日中はぐんぐん気温があがって暖かだったんですよ。

オリジナルはブルースそのもだけど、ブルース・プロジェクトのヴァージョンはこんな演り方もあるのか~って感じで、ブルースをベースにしたロックが誕生していく過程が分かりますよね。

ナイス有難うございます~

No title

アリソンさん、「ことりちゃん」ですか~可愛い響きだなあ~
一歩間違えると綺麗なマダムのいる飲み屋の名前になりそうだけど~

予知なんて全く信じてなかったんだけど、10年前に生き返ってから、不思議なことがいろいろあったので予知も信じるようになりました。
もうそんな感覚とは無縁になったので開かずの扉になったけど、ブログタイトルに「不思議」がついてるゆえんです。

No title

どこかヤマガラに似ているような気がして
http://blogs.yahoo.co.jp/karamukudori/33200010.html
もしや
オーストンヤマガラというのかも
http://kyururu04994.blog64.fc2.com/blog-entry-14.html

No title

> sho*ha*ng*5さん
これは冗談でなくほんとうのことだったのですね?失礼しました。
そういうこと(どういうことかはっきりわかってない~)を経験した方は
今までとは違う自分に出会えるのかもしれませんね

No title

carmencさん、調べてくれて有難うございます。
ヤマガラに似てるんだけど、ジョウビタキでした。
背中に白い紋があるかないかの違いがあるようです。
ナイスも有難うございます~

No title

アリソンさん、いえいえ、ボク自身、自分が体験するまで非合理的な世界は一切信じなかったので、普通の反応です。
今は、合理的な世界の裏側に非合理的な世界が広がっていると信じています。
ただ、3次元世界に存在しているという生物的限界があるので、未来永劫科学的には証明できないと思ってます。

No title

(フォーチュン・テラーズの)mathiusがアップしているのは、シングル・ヴァージョンですね。

確かに、このヴァージョンは、Garageな音だと思う。
ただ、ポール・ウィリアムズがアルバム・テイクよりはるかに良い、と書いているので、一般的にもそう評価するひともいますね。

この録音は、ヴァーヴ契約以前のコロンビア・セッションのものと云われていて、アル・クーパーはまだセッション・プレイヤーだったらしい。

この二曲の他に、コロンビア録音が残っていなのか、気になるところです。

No title

本年もどうぞよろしくお願いします。
個人的な最近の気分で表すとBlues Projectのは年末で、ハウリン・ウルフのは正月休みって感じで両方聴き入ってしまいますね。

「君よ、糞尿の河を渡れ」←これいいっすね~!

No title

weirdotalesさん、ライヴ盤の音と基本的には変わらないんだけど、断然シングルヴァージョンのほうがクォリティが高いですね。
よりハイエナジーです。

シングルヴァージョンがアルバムに収録されなかったのは残念なことです。

このへんは知ってる日と走ってるので、細かいことは書かなかったんだけど。

で、このシングル、ヴァーヴ以前の録音だったんですか?
それは知りませんでした。
情報有難うございます~

No title

レッズさん、前後しました。ごめん~

新年の挨拶がまだでしたね。
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
知り合ってから8年目ですね。
1番古いブロ友さんになります~

年末と正月休み~ははは、上手いこと言いますねえ~

おっ、そこ突っ込んでくれて有難うございます~

No title

ジョウビちゃん、キレイに写真に撮れましたね~♪
ナワバリを大事にするので割りと同じ場所にいついてくれるのですよね(^m^ )
sho*ha*ng*5さんのお庭がきっと居心地いいのだと思いますよん~(*´∀`*)

No title

anzuさん、カメラを撮りに戻っても逃げなかったし、カメラを構えたら近づいてきましたよ(笑)
庭の中をあちこち移動したんだけど、必ずついてきて、2~3メートル圏内にず~っといました。
情が移りましたよ~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

お庭掃除おつかれさまです~^^
ワタシも今年は断捨離に勤しむというのが目標なんですよw

で、カワイイ小鳥ちゃん♥
なんだろ~かわいいからプリちゃんとかどうですか??

そして健さんの「君よ、糞尿の河を渡れ」~
おもしろすぎるぅ~(笑)
なんちゅーこと妄想してるんですかw
楽しい~凸☆~//

No title

プチマリーさん、断捨離ですか~。ボクはには絶対出来ませんよ~ケチだから(笑)

この小鳥、ジョウビタキだとゴールドさんが教えてくれました。
メスなら Joey と呼んで~とじょ~いさんか嬉しいお言葉をいただいたんだけど、オスだと判明したのので、敬意を表して金ちゃんと名づけることにしました(笑)

「憤怒の河を渡れ→糞尿の河を渡れ」、言葉が勝手に動いたんですよ~気に入ってます(爆)

ナイス有難うございます~

No title

㋔㋩㋵㋒ε(*╹◡╹*)зございます

可愛いですね

金ちゃんに決定したのですね

愛着の持てるネーミングで良いですね(@^▽^@)

確かに外に出るとお金も出ちゃいますね。。。

親友たちは正月も海外で…

聞いているだけで気が遠くなるような話ばかりしてきますε=(・д・`*)

No title

カノンさん、こんにちは。
名前は金ちゃんに決定です。

午前中、庭掃除に出たら、10センチそばまで近寄ってきましたよ。
もう~可愛くってメロメロです~

海外旅行も若いうちが花なので、カノンさんも出かけてください~

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん
な~んとなくわかります。
科学と神の領域はどこかで(交わることはないにしても)出会えるような気がします。
一緒にはなれないだろうけど・・・。

No title

arcadiaさん、そうですね。
ボクが分かったと思ったことは、人間は宇宙の大部分を知ることができるだろうけど、3次元世界の生物としての生物的限界があるので、本当の秘密には近づけないんだろうなということです。
霊界に行ってきたとか言ってる宗教家ははっきり言ってみんないんちきです。

No title

これはやっぱり形から見てもヒタキではあるんでしょうね~
気になります

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア