FC2ブログ

記事一覧

へ~い、じょ~9はお好き??・・・The Tangents




たびたび登場する2匹の息子のお母さんが2ヶ月くらいの頃。

このとき18歳になっていたお婆ちゃんの手の上で寝ているのが分かるかな??

お婆ちゃんは19年8ヶ月の長命だったんです。


こんな写真があるのをすっかり忘れていた。



















忘れていたと言えば「ヘイ・ジョー」。

ブロ友さんが取り上げていたので、ロスの The Tangents ヴァージョンを思い出したのだった。


フォークロックスタイルでぐいぐい押していく演奏はバーズの影響かな??と思ったが、バーズの Hey Joe が現れたのは66年の5月、Tangents のほうは66年の4月に現れている。

タイトルは Hey Joe, Where You Gonna Go? だ。




興味を覚えたので調べてみた。

と、この曲、いろんな人が自分が本当のオリジナルだと主張しているのが分かって面白かった。

金のなる木だから、いろいろ入り乱れるんですね。

しかしですね。皆様ご存知のように、この曲は「平常」心を保ちなさい、争ってはいけません~という歌ですよね。

たとえば、こんなときに歌うんです。



へ~い、ジョー、くにはどこだい??

92??

そんなジョ~9、分からないよ~




ただどうやら Billy Roberts という人が書いたのは確かなようで、彼は付き合っていた Niela Miller というフォークシンガーの Baby Don't Go Downtown にインスパイアされて書いたということだ。

折角だから Niela Miller の Baby, Please Don't Go to Town を聴いてみましょう。




















スポンサーサイト



コメント

No title

おぉ('∀`) にゃんこちゃんのショット、可愛い♥
手の上にのっかってる~~~♥凸♥
ヘイ・ジョーって知らない間に何度もとりあげてしまう曲なんだけど、本当に色んなヴァージョンもあるし、説も色々あるわね('∀`)
The Tangentsを初めて聴いた時、回転があってるのが疑問に
思った事がある;でもカッコいいわね~♪
Niela Millerのは確かに、そんな気がする('∀`)
私も争い事は勘弁だわね♪

No title

あ・・・・・・・(゚Д゚)

あの・・・・・・その写真を見てですが・・・

ほら、shoさんち猫ちゃん2匹って思ってるからあ~

ずいぶん犬に似た猫だな~と思ってしまった:(;゙゚'ω゚'):

ジョー9ではないところが自分でも怖い・・☆

No title

異種であっても母性愛・・・可愛いね
お利口な子だったでしょう
ポロンと出てきた写真に思いでイッパイでしょう

おもしろい・・・奥さんを撃ち殺してきたって~(≧ω≦。)プププ
ボブマリーやクランプトンにも銃をぶっ放す歌があるでしょう
歌詞の中でも人を撃つのか・・日本にはない発想だね
女房を撃ち殺すのに軽快な音楽・・・あはは
Tangents ・・・丹前・・・タンジェントね・・幾何学は弱いんよ
ジャンケンも弱いし~
争い競うのも弱いかも・・・・適度にテキトウ女です
ちょっといい感じの音で即行・・お持ち帰りしちゃいたいで~す

No title

shoさん、遅くなってごめんなさい~^^;

あ、この子がうわさのパグちゃんですね~
カワイイな~ウチの実家のパグ犬を思い出しますよ~
ネコちゃんたちも懐いてたんですね~
癒されるな~この写真♥
凸☆~//

No title

お~今にもイビキが聞こえてきそうな写真ですね^^

19年って凄い長生きじゃないですか~やっぱり愛情を注ぐと元気でいられるんですね^^

The Tangentsは不思議な感じですね^^ボーカルはバーズのバージョンを意識してるっぽいです^^

Niela Millerは酔っ払ってるようなサウンドで面白いです^^

ナイス!

No title

joey さん、手の上にあごを乗っけてるのが分かりましたか~可愛いでしょう~

今回調べていろんな説があるのを初めて知りました。
それだけ有名な曲ってことですよね。

「回転があってるのが疑問に」
ははは、たしかにジミヘンヴァージョンを聴きなれた耳ならそう思うよね。

Niela さんは、Billy が作り変えただけなのに~とご不満を漏らしてました。

富と名声が手に入るんだから、いろいろ出てくるんでしょうね。

ナイス有難うございます~

No title

snow さん、犬に似た猫って~(爆)
最高のボケっぷりです(笑)

ジョー9じゃないって、おジョー3(お嬢さん)って言われたい??

ナイス有難うございます~

No title

ももちゃん、母性愛って、種には関係ないみたいですね。
赤ちゃんのわんこがウチに来たとき、飼っていたお母さん猫がかいがいしく世話を焼いてましたよ。

平和に暮らすには適当が一番ですね。
原理主義は争いになります。

ナイス有難うございます~

「Tangents ・・・丹前」
ははは、丹下しゃじぇん(左膳)のテーマ曲か~(爆)

No title

プチマリーさんちの実家にもパグちゃんがいたんですか~!
表情が豊かだから、ほんとに可愛いかったでしょう。
もう一度飼いたいけど、どう考えてもボクのほうが先に行くので飼えないんです
一緒に暮らしてると、動物同士も仲良くなりますね。
いがみ合うのは人間だけかな??

ナイス有難うございます~

No title

ゴールドさん、そうなんです。16歳のときから、地域の獣医師会から毎年表彰されてました。
長命ってことで、
自慢なんです(笑)

Tangents そう思いますよね。だけど彼らのほうがバーズよりも1っか月早いから、違うアプローチで自分たちで手に入れたんですね。

「Niela Millerは酔っ払ってるようなサウンド」って、はははは、面白い~
ナイス有難うございます~

No title

あっ! パグだー。
一目でわかりました。私も13年間飼っていました。実に愛らしく醜く可愛い家族でした。
フォークロックなんて日本人の造語?・・・だと思っていましたが、なかなかいい曲ですね。

No title

ジローさんも13年一緒に暮らしたんですか~

わがままで表情豊かで、最高のパートナーですよね。

Folk rock という言葉はバーズのミスター・タンブリン・マンが現れたとき使われたのが最初だそうです。
向こうの音楽評論家が使い始めた言葉。

ナイス有難うございます~

No title

すんごい沢山の人がヘイジョー歌ってるのですね~。
私はジョー9ではなくて ハイおジョー3ですわあ~

No title

アリソンさん、数え切れないですね。
それだけいろんなアプローチがしやすい曲ってことなんだと思います。

で、アリソンさんも snow さんと同じでお~ジョー3 でしたか~
もちろん信じますよ~

No title

ヘイ・ジョーは色んなカバーがありますが、
私が好きなのはカップスです!
ベースがむっちゃカッコイイです。

バーズのヘイ・ジョーを聞くと何故か、
ボブ・マーリーの I shot the sheriff が続く気がします。

Niela Millerは酔っ払ってるようなサウンド、って、
私も思いました。 ^^;

No title

sally さん、カップスのヘイ・ジョーですか~
聞いたことがないです。
カップスのアルバム(CD)を手に入れなきゃあいけないですね。

で、Neila Miller は酔っ払いサウンド~はははは。

ナイス有難うございます~

No title

あはっ 可愛い~~(~o~)
微笑ましいわね♪
動物やペットじゃなくとも 人間も寝顔は可愛いけど~(笑)

子猫ちゃんはワンちゃんの手の上が
イイ感じの心地良さだったのね(笑)
ほっこり写真ナイス☆です~

紹介してくれたYouTubeの2曲は似てるね
フォークの彼女に影響受けた曲ってことなんでしょうか?

No title

チロルさん、子猫はねえ、頼りにしてたんですよ~
おばあちゃんも可愛がってたし~

そう、彼女の曲を下敷きにしたそうです。

ナイス有難うございます~

No title

わわわ~可愛い(*´∀`*)
以前、パグに真珠のネックレスをして散歩してる人を見ました。
そのアンバランスさがとても可愛いかったです♪
パグって愛嬌ありますよね(^m^ )
猫ちゃんの安心した寝姿も愛らしいですね。

No title

アンズさん、パグはわがままな性格だけど、陽気で表情豊か、20年近くほんとに癒されました。
パグに真珠のネックレスしてたんですか~(笑)

お母さんと離された子猫はわんこに母性を感じるんですね。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア