FC2ブログ

記事一覧

あきない季節・・・・The Burning Bush






みなさんちの秋は色気づきましたでしょうか(笑)

今日は戻り鰹ならぬ戻り夏の1日だったけど、わが家にも秋は来ぬ、です。


ユリ科の植物で「ほととぎす(草)」。

放っておくと、いくらでも増えます。



散り始めた金木犀。

こんな風情が好きなんです。




記事もさらりと流します。

ジョージアのバンドで The Burning Bush 。

随分早くに発掘されたのに、詳細は不明のままです。

ガレージファンが泣いて喜ぶB面の Evile Eye ,




それなのにA面の Keeps On Burning はソウル、ってのもわけがわからない。























スポンサーサイト



コメント

No title

我が家の秋も色気づきました♥('∀`)♥
shoさんのトコのお庭は本当に季節感が楽しめていいわね~凸
ガレージファンが泣いて喜ぶB面の Evile Eyeってのは
確かに(笑)
でもA面なんだこりゃ?な気分になってしまった;
訳が分からないのが魅力的なんでしょ~(笑)
最後の飛行機雲、ナイスショットね♥

No title

shoちゃん、今晩わ
恐ろしく久しぶりで、恥ずかしい(*^。^*)

私んちには庭がない
それに花とか愛でるより食い気が先に来てしまうよ

アハハハ、間抜けなコメントごめんなさい

No title

秋をしみじみと感じていた今日この頃でしたが
本日は暑かった~(×_×)
ホトトギスも秋を感じさせる植物ですね。未だ見てないな~(*^-^)

No title

joey さんとこはもうすっかり秋景色なんですよね。
こっちはこれからが本格です。

同じバンド~と思うくらいに異質ですよね。
しかし、この Evil Eye はスバラシすぎるよね。

ナイス有難うございます~

No title

ジョユンさん、今晩は~
多忙なんだから、気を遣わなくていいんですよ~

花より食い気~のクチ~!
はははは

ナイス有難うございます~

No title

アンズさん、今日は本当に暑かったですねえ。
台風18号のせいでフェーン現象が起きたのかもしれないですね。

ホトトギス、まだご覧になってない?
都内はまだなのかな??

ナイス有難うございます~

No title

ホトトギス・・・・showさんの庭に趣を添えてくれますね

好きな花です

mom庭には宮城野萩が咲いています

すじ雲が見事に一直線です
地震とか予兆の雲じゃないよね

No title

さらっと流しましたねw
こちらも残暑が厳しすぎてぐったりきてます~><
南国にはホントに秋はないです・・・
1曲目、カッチョイイな~
Evil Eye ってフランツの曲にもあるんですよ~ウフv
A面のソウルもいいじゃ~ないの
凸☆~//

No title

あれ・・?キョロキョロ・・?オチは???( ゚д゚ )

サラっと流したんですか^~?

A面とB面のギャップが・・なんで?
2面性のあるバンドですか~?-☆

No title

なんだか南国風でキレイな花ですね^^

そして葉も枯れていくんですね~でもクリスマスと正月が待っているから寂しい気持ちにはなりません^^

The Burning Bushはカルトな感じで面白いです^^

Keeps on Burningいいですね~こっちの方が僕好みです^^

ナイス!

No title

プチマリーさん、台風18号の影響なんでしょうね。
今日は全国的に暑かったみたいです。
そっちは明日から風雨が強まるんでしょう。
お気をつけください。
こっちは日曜日からみたい。
大型台風といわれると、嫌になりますね。

1曲目、ほんとにかっちょいいでしょう~
もちろんもうひとつもいいんだけど、シングルの2曲ってどういうこと? って不思議になりません~?

ナイス有難うございます~

No title

snow さん、オチを作ってください~(笑)

どういう活動をしてたのか分からないので、どっちが本当の彼らなのかボクにはワカリマセン。
言えるのは、どっちの方向に進んでもスターになれたはずなのに・・ってだけです。

ナイス有難うございます~

No title

ゴールドさん、関東ではありふれた花なんですよ。

クリスマスと正月、もう2ヶ月しか残ってないんですよね。
今年も早かったなあ・・・どんどん残り時間が少なくなっていく

おお~ソウル面のほうがぴったりでしたか~!

ナイス有難うございます~

No title

ソウル面のほうは、ノーザン・ソウル・ファンに大人気らしいですが…

プロデュースは、ウッドストックのあのArtie Kornfeld!

彼によると、NYの白人バンド、ということですが、流れてきたのかもしれません。

ヴォーカルは、Danny Schloss。後にDreams And Illusionsというジャズ・ロック・バンドで、アルバム残しています。

No title

weirdo さん、えっ、アーティ・コーンフェルドが関わっていたんですか~びっくり。
ってことはこのバンド、一筋縄ではいかないバンドですね。
だからバックミュージシャンがいるんだ。

で、このバンドのメンバーの名前を見たのは初めてです。
ひょっとして全員分かったんですか??
さすが~!!

No title

Keeps On BurningWritten-By – D. Schloss
がDanny Schloss。

Evil Eye Written-By – P. Paratore
は、Phil Paratoreだと思います。

co-guitarist and co-vocalist singerとなっていたので、方向性が違っていたのかもしれません。
(現在はヴィジュアル・アーテイストらしい)

Adrian Guilleryという人も在籍したらしいが、パートは不明。

No title

weirdo さん、え~っ、そこまで分かってるんですか~!
間違いなく世界1の情報収集力です。

方向性の違う2人が同じバンドにいて、それぞれが傑作を書いたなんて奇跡ですね。
1枚で終わらずに続けて欲しかったですねえ~
素晴らしい曲が次々に生まれたかもしれないと思うと、残念です。

No title

秋の風情、いいですね~♪
散り始めた金木犀と空の青の好対照が素敵です^^

No title

Johnny Marsという黒人プレイヤーもいたようです。このひとは、かなり有名らしい。

http://www.mamastones.com/johnny-mars-2/

やはりNew Paltz, New York Stateで活動していたようです。

the Train Ridersという最初のバンドに、Phil Paratore(スペルが少し違う)がいます。
in that band were Adrian Gillerey, Phil Paritori, Herb Lehman, Ernie Bostic.

次が、BBで、メムバーは何人か重なっているようです。
His next band, The Burning Bush, formed with some of the same players, performed blues and rock and was one of the first psychedelic bands, playing Woodstock around 1960.

No title

weirdo さん、貴重な情報を有難うございます。

ジョージアのバンドってことになってるけど、アーティ・コーンフェルドが言ってるようにNY育ちの人間が中心だということが分かりました。

記事ではこのジョニー・マースが中心人物のように扱われてるけど、それは割り引いて考えたほうがいいんでしょうね。

いろいろ調べたけど、詳細不明の記事ばかりだったのに、よくこれだけのことを調べ上げましたね。
尊敬です。

ご紹介のほかにも映像があがってるので、聴いてます。
成功した人のようですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア