FC2ブログ

記事一覧

歴史の真実を語る・・・・The Shades

簡(かん)

紙が発明される以前、削った竹や木に文字を書いていた。
その竹や板のことを「簡」という。→竹簡、木簡。

転じて、手紙のこともさすようになった。→書簡。



嘉永6年(1853年)、ペリーが浦賀に現れたときのことだ。

圧倒的な軍事力を背景に、日本に対して開国を迫った。

恫喝外交だ。



このときペリーは開国を促すアメリカ大統領の親書を携えていて、幕府に受け取るよう要求した。

時の老中、安部正弘は国是を盾に受け取りを拒否。

時間稼ぎ作戦に出た。



ところがだ。

拒否を伝えてから1時間もたたないうちに親書が届けられたのだ。


ま、そんなつれないことを言わんと、受け取ってたもれ~と添え書きまで付けられていた。


浦賀から江戸まで、早馬を飛ばしても1日はかかる。

それなのに、こんな短時間で返事が来たので幕府は恐慌をきたしてしまった。

こんな魔法を使うやつらと戦(いくさ)をしてもかなわん。

ここはひとまず受け取っておこう~



そんなわけで親書を受け取ったが、幕閣は知らなかったのだ。

ペリーが当時最速の早飛脚を使ったのを。








































「ペリ簡便」で届けたんだもんねえ~。












受け取った以上は仕方がない。

諦めて翌年国交を結ぶことになった。

日米和親条約という。


条約を結んだ印に両国の代表がサインをする。

日本側代表の林復斎(大学頭)がさらさらさらと毛筆でサインし、筆をペリーに渡すと、その筆じゃ滑れんと言って、自分専用の筆でサインした。

その筆が現存していて、写真で見ることができる。

こんな筆です。












































そうそう~忘れてました。

ペリーさんの画像も貼っておきましょうね~。

こんな良い男だったんですねえ~~



























ジョー・ペリー









59年に作られた Shades の Strollin' After Dark 。




この曲を聴いてようやく分かった。

58年に Link Wray の Rumble が現れ、59年におそらくは影響を受けてこの曲が誕生し、多分、両方を参考にして Cramps の I was a Teeage Werewolf が生まれたんじゃなかろうか~??




Cramps です。



大ネタ元と思われる Link Wray 。

スポンサーサイト



コメント

No title

またもや、ふんふんそうなんだ、凄~い!とか思いながら読んでしまった(--〆)も~

何気に元ネタの動画がいい

元ネタ?カヴァー表記は?-☆

No title

snow さん、カバーじゃなくて、作り変えですね。
3曲とも別の曲になります。
が、リフが同じですね。

この動画は「紐育ウロチョロ族」という映画だそうで、紹介があります。下記。

http://www.weblio.jp/content/The+Delicate+Delinquent

ナイス有難うございます~

No title

見事な三段落ちに、にやけつつ、ただただ感心するばかりでございます(笑)!
ジョーペリーで来るとは思いもよりませんでした(^^ゞ

No title

どれを聴いてもRumbleがやっぱり一番カッコよく聴こえる('∀`)凸
ShadesもCrampsも、このカッコ良さを吸収したくなっちゃうって
気持ちがわかるわ♪

あ、ジョー・ペリー最近、トンと忘れてた(笑)
還暦過ぎた中では一番理想的なスタイルの持ち主ね~♥
崩れてない♪
ペンの話は難しかったわ(笑)

No title

ペリ簡便ってものすごく歴史があったのね~
勉強になりました!

No title

you さん、お笑いいただき有難うございます。

ジョー・ペリーは、彼のファンだというブロ友さんを思い出したんですよ~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

joey さん、Rumble のかっこよさは半端じゃないですよね。

忘れていたって~!(爆)
じょ~いさんのために写真を探したのに~(笑)

えっ、ペンのオチが難しかった~??
この万年筆、ペリカン(簡)です~

ナイス有難うございます~

No title

ちゃーりーさん、ペリ簡便の歴史にはびっくりしたでしょう~
ボクも調べて初めて知ったんです~

いやあ~歴史ってのは面白いなあ~

ナイス有難うございます~

No title

まだまだ勉強不足でした。
早速明日会社に行ってみんなに教えてあげよう♪

No title

今日は真面目な記事なんだ!
でも日本史、苦手なんだよねぇ~・・・と、
思った私がバカでした。

ペリーって、こんなイイ男だったんですね。

最後の曲(Rumble)カッコイイ!!!

No title

歴史・・・大好きです
いまだから面白い

簡に書かれている墨・・・凄いすぐれものですね
残っているなんて感動です
万年筆からリンク・レイ
パルプフィクションからリンク・レイにつながっていたのを
教えてくれたのはshowさんでした
✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。アリガトウ

No title

marr さん、歴史を知りたいときはボクに電話してください~
いつでも埋もれた真実を掘り起こして提供しますよ~

No title

sally さん、え~っ、真面目に歴史を語ったんだけどなあ~

エアロのジョー・ペリーはいい男ですよね

Rumble、初めてでしたか~かっこいいでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

ももちゃん、物事はすべてリンクしてるからね。
見知らぬ他人にもレイ(礼)を失しちゃいかんのです

この間、モンブランのことを話してたでしょう。
あれでこの記事が出来ました(笑)
この記事の生みの親はももちゃんですね~

No title

なるほど、なるほど・・・・今日は勉強になりました。
私の甥っ子がペリカン便に勤めているので、今度、ペリーのネタ使ってみます。

No title

ジローさん、甥っ子さんに教えたら喜びますよ~
そんなに歴史ある会社だったんだって~

ナイス有難うございます~

No title

ペリーの出来事も学校では習わない事ばかりだったんですね^^

Strollin' After Darkはエコーがノスタルジックな雰囲気で素晴らしいです^^
The Crampsもハードコアな雰囲気で最高!
ナイス!

No title

ゴールドさん、公式記録に載ってない埋もれた歴史の真実を発見するのが好きなんです~

クランプスはボクがもっとも愛するバンド。
このバンドのブートも数多く出回ってるんじゃないかと思います。

ナイス有難うございます~

No title

わははwwめっちゃおもしろい!!
shoさん、やっぱりダジャレ界の巨匠ですよ~
ペリーが運ぶからペリカン便なんですよね~
最近ペリカンマーク見ないな~
あ、最後のペリーは男前すぎでしょw
凸☆~//

No title

お~お~プチマリーさん、めっちゃ受けてくれて有難うございます~

ペリカン便より黒猫ヤマトの方をを良く見かけますよね。

最後のペリーね~
じょ~いさんへのプレゼント(爆)

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア