FC2ブログ

記事一覧

子供の頃の思い出・・・・カトリーヌ・スパークとエミー・ジャクソン





小学生の頃、漫画と忍者以外、興味がなかった。

音楽なんてまるっきり興味がなかったのだ。


それなのに、カトリーヌ・スパークという名前と、「太陽の下の18歳」という映画タイトルとジャンニ・モランディの歌だけは記憶に残った。

エミー・ジャクソンの「涙の太陽」という歌も記憶に残った。

めんどくさいので解説はしない。

この映画を一度も見たことがないからだ。


高校生になって、マゾッ気のある女性と結婚した男が妻の性的欲望を満足させるために馬になって妻を背中に乗せ、部屋中を四つんばいになって歩き回る映画を見た。

この映画の女優さんがカトリーヌ・スパークで、映画はトロイ・ドナヒューと共演した「恋愛専科」だと思い込んでいた。

このあいだ、トロイ・ドナヒューの「恋愛専科」はぜんぜん違う映画で、ボクが見た映画は「女性上位」という映画らしいと知った。





そんなわけで「太陽の下の18歳」挿入歌、「サンライト・ツイスト」です。

主題歌のA面はヒットせず、B面に収められた挿入曲がヒットしたというのはこの記事を書くために初めて知った。


江ノ島が見える風景みたい~(笑)






「涙の太陽」です。






30代の頃、少し年上の女性たち数人を接待したことがある。

中の1人に、「カトリーヌ・スパークに似てますね」と言ったら、えらく気に入られて、以後、仕事を頼みやすくなった。










八幡様に行ったとき撮った写真。






















スポンサーサイト



コメント

No title

二曲共に遠い記憶の中で聴いた様な気がします^^

映像がキレイですね~^^

フィルムの方がくっきりと写るんですかね?

昔のカラー映画に興味が沸きました^^

ナイス!

No title

ゴールドさん、2曲とも日本ではいあまだにラジオから流れることがあると思います(ラジオなんて競馬中継しか聞かないので、思い込みだけど~(爆)

この映像はデジタル処理されたんだと思います。

子供のころ、日本の映画は「総天然色」と言ってました(笑)
洋画はいちいち tecnical colour scorpという文字が入ってました~(爆)
ナイス、有難うございます。

No title

こんばんは。
エミージャクソンは妻がCD持ってて既に馴染んでますが、
俺は安西マリアの方がジャストです。
安西マリアなんてshoさんくらいしか知らないんじゃ?

因みに妻の歌声はコニーフランシスに似てます。

No title

showさん・・・オハヨウです

ベンチャーズ系の音って新鮮に聴こえるの
昔の映画を見るのは大好きだからmomoセンサーが反応しますよ
フランスの有名すぎるリゾート地・・・映画の背景を見るだけで
かなり昔を感じる~
水着を見ているだけでも歴史を感じるね・・・面白い

ピンクレディーがshowさんの話題に出るなんて
驚きだったのに
おほ~ツイストだ

No title

この映像可愛い('∀`)!凸
ファッションもメイクも可愛い~♥
映画は観たことないけど、曲は2曲ともママちゃんが
ツイスト踊るとき流れてた(笑)
下の歌、涙の太陽?ぎ~~らぎ~~ら太陽が~♪って
日本の歌でカラオケでも誰か歌ってたなぁ。
鳩も可愛いわね♪

No title

katsu さん、安西マリアだなんて懐かしい~!!
ファンでした。
ぐぐったら、亡くなってたんですね。
まだ若いのに、可哀そうなことでした。

おっ、サリーさんの声はコニー・フランシス似~
のろけるなあ~~

ナイス有難うございます~

No title

ももちゃん、この映画、このシーンを見るだけでもとても新鮮に感じますね。
70年代以降の流行モノは、少し時間が経つとすぐに陳腐になるのに、60年代はいつまでも新鮮さを失いませんね。
何故だろう???

ピンクレディが登場してきたとき、ボクはもう学生だったので、感情移入ってのはないんだけど、ネタにした映像にはいろいろ面白いのがありますね(笑)

ナイス有難うございます~

No title

joey さん、可愛いらしい映像ですよね。
DVD借りて、見たくなりました。

ママちゃん世代の映画・音楽だから、ママちゃんもこうやって踊ってたんでしょうね

ぎ~~らぎ~~ら太陽が~♪

おお~安西マリアヴァージョンで歌ってるんだ~

元ネタがエミー・ジャクソン。
日系アメリカ人だったか、中国系アメリカ人だったかで、日本だけでレコード発売されたと聞いた記憶があります。

ナイス有難うございます~

No title

カトリーヌは一時大人気でしたね。スパークってなんかいいわあ~。
この曲も覚えています。ドナヒュー大好きでした(子供の頃ね)

No title

こんばんわ(^。^)☆

チロルの小学生の頃の思い出はザ・ピーナツ、シャーリーテンプル、てなもんや三度笠ですよん♪
ピーナツは好きすぎて父が日劇のピーナツとクレイジーキャッツのショーに連れて行ってくれました
低学年の頃だったけど目がになって見た思い出があります(笑)
帰ってからはちゃぶ台の上に乗ってニンジンをマイクのつもりで握り締め
振 り 向 か なはは~いぃで~ウォウォウォ・・
と、お尻をクネクネさせて歌った憶えがあるわ(笑)

カトリーヌ・スパークって知らないけど可愛い人ですね♪
カトリーヌといえばドヌーブしか思い浮かばないです
トロイ・ドナヒューの「恋愛専科」は観た覚えがあるけど内容は
どおってことなかったよね?
それにトロイ・ドナヒューってタイプじゃないし
アルディラ~ ホニャララナンチャラ チセイトゥ~♪って曲は良かったけどね

忍者が好きだったshoさんは忍者ごっこした?
チロルは月光仮面ごっこしました~(^▽^)
ポチ☆

No title

うわ! 八幡様の鳩って白!!
誰か手品師とかが鳩を出したんじゃないよね?(笑)

鳩も喉が渇きまくってるのね~(笑)

No title

arcadia さん、誰かと思いましたよ~

カトリーヌ・スパーク、興味のないころのボクが名前をインプットしたくらいだから、大変な人気だったんだろうと思います。
今度初めてちゃんと見たけど、可愛いらしいですね~

トリ・ドナヒューはハンサムって記憶があったんだけど、今度見たらイケメンだけど、何の特徴もない当たり前の顔だったんですね。

No title

ちろるさん、シャーリー・テンプルは名前しか知らないんです。
映画は1本も観てない。だから顔も分かりません。
ただしょっちゅう名前だけは聞いてましたね。

「てなもんや三度傘」~藤田まことと白木実が印象深かったですねえ。

ザ・ピーナツとこまどり姉妹が人気でしたね。

日劇に連れて行ってもらったなんて羨ましい~
日劇は、ついに行かずに終わりました。

ちゃぶ台の上で歌う~ははは、ピンクレディの物まねやってた子供たちと一緒ですね(笑)
今の子どもたちは誰の真似をするんでしょうね??

トロイ・ドナヒューは「パームスプリングの週末」って映画もありましたね。
観てないけど。タイトルだけは記憶に残ってます。
関東圏なら「サーフサイド6」ってTV番組も流れてましたよ。

ハンサムってイメージだったけど、今度Uでちらっとみたら、何の特徴もないただのイケメンでした。
なんであんなに人気だったのか、時代で趣味が変わる典型みたいと感じました。

No title

チロルさん、続き。

忍者ごっこどころか、忍者の修行もしましたよ。
忍者が早く走れるようになるための訓練として、長い布を頭に巻きつけ、端が地面に触れないように走る、と漫画の忍者修行に書いていたので、父親の絞りの帯を頭に巻きつけ、一日中走り回りました。
もちろん帯をひきづったまま。
ぼろぼろになり、えらく怒られました。

水の上を歩く水蜘蛛の術としては、木の板を足に履き、右の足が沈む前に左の足を前に出せば、沈むことなく水の上を歩ける、と書いてあったので、鍋蓋を足に巻きつけ、海で練習しました。
危うくおぼれそうになった経験があります。

月光仮面ごっこ、誰が月光仮面になるかで喧嘩にならなかった??(笑)

ナイス有難うございます~

No title

チロルさん、源氏の守り神だからってんで、一時期、白鳩以外の鳩を追い出したことがあります。
結局挫折したみたいだけど、今でも圧倒的に白鳩が多いです。

No title

もうね~どっちでコメント書いてるかわからなくなるのですよ♪忍者部隊月光の三日月より

No title

アリソンさん、ははは~あのTVをご覧になってましたか~

紅1点・・・じゃなかったですね。もう1人ぐらい女性隊員がいたような・・・ボクは流月です(笑)・・・流れ者みたいでかっこいい名前だな~と思ったもんでした。
流れ星という説もあったけど~

No title

この映画も曲も強烈に頭に残っています
この辺で遊びまくってた頃、海が荒れると
大磯ロングビーチに入り浸り
知り合ったばかりの女の子の前で
室内プールの高飛び込み台からカッコつけて飛び込んで
思いっきり背中をぶつけて赤っ恥をかいた事を思い出しました。

No title

チャミキンさん、ジャストの世代ですよね。

大磯ロングビーチ、懐かしい~まだあるのかな??

で、なれないことをしたので笑われた~(爆)
余計に親しくなったでしょう~
青春の思い出、いいですねえ~

No title

カノンさん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア