FC2ブログ

記事一覧

麻婆豆腐・・・Perpetual Motion Workshop


司馬遼太郎さんの「街道を行く・・中国・蜀と雲南のみち」を読んでいたら、「麻婆豆腐」の起源のことを書いていた。


家庭料理としてもお馴染みの麻婆豆腐が、昭和30年代(1960年代)に陳建民さんが日本に紹介し、あっというまに日本中に広まったという話は聞いていたが、始まりまでは知らなかったのだ。

諸葛孔明が劉備玄徳を助けて興した蜀の国は、現在四川省と呼ばれている。

蜀の国も省都の成都も「三国誌」ファンにはお馴染みだ。


この本が単行本になったのが1983年で、連載されていたのが82年だから、81~2年ごろに訪ねたんだと思うが、辛亥革命(1911年)より20年ほど前の光緒帝のころに住んでいた陳さんという豆腐屋の女将さんが、豆腐を使った料理を売り出し、それが大評判になって広まったんだと司馬さんは教えられる。

女将さんはあばたがあったので中国語であばたを意味する「麻」婆さんとあだ名されていたそうだ。

麻婆さんの作った料理だから「麻婆豆腐」。

え~人の名前が料理に冠せられたんだ~と思って、日本語のウィキペデイアを調べたら、ちゃんとこうした事情を書いている。

恐るべし~「ウィキペデア}~!!

洋楽関係では嘘っぱちだらけでさんざん痛い目にあったけど、やるときはやるんだ~

ウィキで知ったところによると、この麻婆さんは劉さんというらしい。

中国は大昔から夫婦別姓。

劉姓ということは、漢室(劉姓)の末裔なんじゃないかと空想の翼が羽ばたくのだ。



司馬さんのこの紀行文は実に素晴らしい。

詳しくは書かないが、解放後の55年ごろ、共産中国では日本人と中国を侵略した軍国主義者(東条英機はその象徴)とは別者だという親日教育が徹底されたらしい。

アメリカと敵対していた関係上、近代化を図るためには日本との関係を良好にしておいたほうがいいという冷徹な政治論理の結果だとは思うが。

だから司馬さんは南京の街中をぶらついたときでさえ、日本人だととわかってて親切にされたことはあっても。いやな思いは一度もしたこがないと書いている。


日本人はそんな中国の過去を知らない。

江沢民の時代に反日教育が行われ、今では反日が国是になっているということしか知らない。



この間、ネトウヨの記事を偶然覗いたら、盧溝橋事件で日中戦争が本格化した1年後に日本が支配していた中国の街を蒋介石の国民党が攻撃してきた。

これが日中戦争の始まりで、だから日中戦争は自衛のための戦争だった、という夢見たいな記事に出会って唖然としたけど、反日反中の根っこは東条英機の英霊に、1国の首相が哀悼の意を表するかどうかという問題がすべてだと思う

東条英機じゃなく、靖国を合言葉にお国のために散った戦死者に哀悼の意を表してるんだから何が悪いというのは、日本の中だけでしか通用しない論理だ。

日本以外の国では東条英機に哀悼の意を表しているとしか受け止めない。

ドイツの戦没碑にヒットラーの名前が刻まれ、メルケルさんが名もなき戦没者に哀悼の意をささげると称してお詣りしたら総スカンを食うだろう。

誰もがヒットラーを哀悼してるとしか思わないからだ。


ヒットラーと同盟したのが東条英機だ。

パレスチナ人に対するイスラエルのやり方を見てるとヒットラーは正しかったんじゃないかと思えてくるが、現在の平和は戦勝国が作った秩序だ。

どっかの誰かさんみたいに、「戦後レジームの否定」なんて言ってたら、もう一度世界を相手に戦争して勝ち、戦勝国として新しいレジームをつくるしかない。

そこまでの覚悟があって騒いでるのかどうか、ボクには分からないのが正直な感想だ。

司馬さんが生きていたら、今の世相になんていうんだろうか??

Perpetual Motion Workshop - infiltrate your mind

http://youtu.be/JDzXhaxxCRs

スポンサーサイト



コメント

No title

今晩ゎ~っ。美味しそうですねぇ~っ。辛過ぎるのが苦手ですけど(汗。味は大好物です。これは四川省のですかぁ~っ。!?

No title

ホフナーさん、そうです。四川省の本場の写真を借りました。

ナイス有難うございます~

No title

何だかマウスの電池がなくて、画面が止まっちゃう~~;
麻婆豆腐ってそんな話があるんだ('∀`)凸
何だか難しい話で頭が回らないけど
麻婆豆腐が美味しい事と曲がカッチョいいのはわかったわ(笑)
この音、ブリブリしててカッコいい~♪

No title

joey さん、この曲かっこいいでしょう~
1枚で終わったいせいか、あんまり口の端に上らないんだけど、アナログ時代から取り上られている曲なんです。
LAのバンドで、67年の曲です。

ナイス有難うございます~

No title

う~実にウマそうですね^^白いご飯が食いたいです^^

ヒットラーは子供頃、学校に伝記とかがあってセンセー方もどっちかと言えばヒーローみたいな感じで言ってましたね。
でもこんなに嫌われ者だったんすね^^世の中勝たなきゃ意味が無いって事ですね^^
infiltrate your mindもナイス!

No title

京都で食べている麻婆豆腐と

色が微妙に違う~(//∇//)

色が濃いので辛いのかなあ?

食べてみたい♪

No title

オハヨウです・・・showさん

陳さんの麻婆豆腐は有名ですものね
ご飯の上に乗せて食べるの・・・食べたくなります

激戦地イーペル・・ドイツ軍に侵攻され
毒ガス攻撃さえ受けた土地だけど~
メルケルさんは大歓迎を受けるなど想像を超える
日韓中の関係から考えると氷が解けるとは思えなさ過ぎ

Perpetual Motion Workshop不思議な音なのになんかカワイイ声
オジサンではこのキモチ表現しないもの
いいな・・・若い男性の魅力

No title

ゴールドさん、世代が違うとそんな教わり方をしたんですね。
知らなかった。
下の世代に、自虐史観といって、戦前の日本を賛美する人たちが増えている理由がわかります。

中学時代にボクはヒットラー口述の「わが闘争」も「第3帝国の興亡」も夢中になって読んだけど、「わが闘争」はコンプレックスを抱えた青年が、その反動として国粋主義者になり、崇高なゲルマン精神を破壊する悪魔とユダヤ人を規定して、徹底的な憎しみを撒き散らした書でした。
「第3帝国の興亡」は。そんなヒトラーに率いられたナチドイツの栄光と悲惨な末路を描いた歴史書です。
当時、こんなものを読む少年はいなかったので、変わり者だったんでしょうね。

世界は常に勝者の側からしか語られないけど、ボクは戦前の軍国日本よりは戦後の民主主義日本のほうがいいと思ってるので、あの戦争に負けてよかったと思ってます。

この曲もいいですよね~

ナイス有難うございます~

No title

カノンさん、黒っぽいでしょう。

これは花椒という辛い香料をまぶしてるんだそうです。
あんまり辛いので、日本では使わないのが普通だそうです。

が、本場の四川ではこれが普通だとか。

ナイス有難うございます。

No title

ももちゃん、麻婆さ豆腐の由来って意外と有名なんですね。
知らなかったのはボクだけか~

日韓中、これだけこじれて、出口がどこにあるのかさっぱりわかりません。

イスラエルとパレスチナみたいに、70年戦争を続けてもまだまだ戦争をし続ける関係になるのかもしれない。

政治家が焚きつけた憎しみが庶民レベルまで下りてきて、憎しみの連鎖反応がいつまでも続きそうな気がします。

おじさんの声もいいものだけどね(笑)

ナイス有難うございます~

No title

おぉ~おいしそ~!!
暑い日に食べる辛いマーボー豆腐!イイですね~
食欲増進しそうだ~^^;
麻婆豆腐の名前の由来も目からうろこでした~
さすがshoさん♪
音はまたあとで~凸☆~//

No title

プチマリーさん、暑い日には辛いものを食べて汗を掻きたくなりますよね。

司馬さんの本を読んだからたまたま知っただけです。
博覧強記の司馬さんの本は面白いですよ~

ナイス有難うございます~

No title

陳さんの麻婆豆腐は一度食べたことがあります。かなり辛いけど、やみつきになる・・・・そんな味でしたね。
子供にはムリ・・・と思いきや、隣の席で小学生くらいの子供が食べていたのを見て、驚きよりも怖さを感じましたね。

No title

ジローさん、陳さんの店のは本場の味だったんですね。
花椒が入ってるとそんなに辛いんですか~!!

辛さも慣れなんでしょうね。

ナイス有難うございます~

No title

日本が戦勝国になっていたら世界はどうなっていたんだろう
アジアは酷い事になってしまっていたかな
安倍ちゃんは戦勝国アメリカの作った憲法を変えようとしてる
真意はどこにあるのか
中韓はもういい加減にしてよ、って思う
侵略した日本は悪いです、どうもすみませんでした

この動画のヴォーカル、面白い

No title

しんちゃん、軍国日本が美しかったなんて思わないので、日本自身がひどいことになってたと思います。

安部は夢見るおじさんですね。
頭の中で作り上げた美しい日本があって、本人はそのために努力してるつもりなんでしょう。
歴史上、そんな美しい日本なんて存在したことはないのに。
彼の夢見るような美しい国なんて、地球上どこにも存在したことなんてない。
しょせん人間の作り上げる世界です。

韓国はあんな国だからどうにもならんでしょうね。
何百年も中国コンプレックスに支配され、精神のバランスをとるために、中華文明の外にあった日本を「倭」と言って差別し、優越感を抱くことでかろうじて生きてきたのに、その「倭」の植民地にされたんだから、もうぐちゃぐちゃ。
つける薬はありません。

問題は中国でしょう。
日本人は10年先、20年先までのことしか考えられないけど、彼らは100年先、200年先のことを考えて戦略を練ってきます。
このまま100年も200年も尖閣に圧力をかけ続けるんでしょうね。

この曲、どこか西部劇の香りがしません~??

No title

まぁ!!暴動婦とは!!
どんな大暴れするご婦人か・・いや婆さんか
って マーボー豆腐のことだったのね(笑)
麻婆豆腐って読みにくいし変換できないわ

このマーボーどうふメチャメチャ辛そうね
去年まで勤務してた会社の近くの中華屋さんでこんなマーボー丼食べてて
ヒーヒーした覚えがあります
辛い辛いっていいながらセキして食べたのに、1~2週間後に何故か
また食べたくなってまた食べて涙流しながらセキこんだっけ(笑)
花山椒が効いてて美味しかったです♪

そうそう、司馬遼太郎にあったことあるんですよ♪20歳のころかな
NHKの番組「この人と語ろう」の第一回目が司馬遼太郎さんだったんだけど
渋谷のNHKで収録の日にお会いしました~
ぽちん☆

No title

チロルさん、まぁ!!暴動婦とは!!

参った~お株を取られちゃった~悔しい~~~~~

花山椒のかかった麻棒豆腐を食べたことがあるんですね~
そりゃあすごい。
やっぱりひ~ひ~言いながら食べたんですか。

で、おおお~司馬さんにお会いになったことがあるんですね。
うらやましい~

学生バイトを集めた番組ですね。
あのバイト、当時としては時給が抜群だったんですよね。
ボクは4チャンネルの番組でバイトをしてて、毎週ホクホクでした(笑)
五味康祐に会ったことしか覚えてないけど(苦笑)

NHKもバイト料は良かったでしょう~?

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア