FC2ブログ

記事一覧

国賓・・・・The Unfolding

オバマさんが国賓で来日した。

昨夜は銀座の数寄屋橋にあるお寿司屋さんに安部総理が招待していた。

ニュースを見ていた神さんが、あたしも国賓待遇を受けたい~というので、今夜は神さんをお寿司で接待することにした。

好きやねん橋にある五軒目ジローというお店だ。

奥村チヨにそっくりな職人さんが握ってくれるので有名な店だ。





あたしトロね~と神さんがいきなり掟破りの注文をした。

こういう場合、約束事があって、初めはイカとかタコとか、軽い技を繰り出して手四つに組み、回転エビ固めで客席を沸かせたあとに大技でフィニッシュする決まりなのだ。


しかし、奥村チヨにそっくりな職人さんはさすがにプロ。

慌てず騒がず、へい、お待ち~と握ってくれた。


神さん:「え~シャリだけ~! ネタが乗ってじゃない~!!」

職人さん:「シャリの上に匂いが乗ってますよ~」

ボク:「極貧待遇だろう~~!!」












10年ちょっと前くらいに高名な漫画家さんがお亡くなりになった。

敷地の大半をスターバックスが買い取った。

幸いなことに庭の一部を残してくれて、お客さんに解放している。

バブル以来、ボクの街では古いお屋敷が消えていき、そのあとにコンクリートマンションが建っていく。

お屋敷に住んだことはないけど、見慣れた風景が消えていくのはとてもさびしい。

美しい国日本、という人たちが美しい日本の風景を壊していくのがボクには理解できない。






















The Unfolding は実体のないスタジャン(スタジオ・ミュージシャン)・バンド。企画品だ。

が、アルバムの1曲目はとてつもなくいいのだ。

残りはボクの趣味じゃない。

Uチューブの映像には Acid Rock っとあって、いかにも曲名みたいだけど、曲名は I've Got A Zebara-She Can Fly 。




2年前に500部限定のアナログ盤で再発されているが、もう残ってないだろう。

ボクは知ったばかり。

知ったかぶりを書いてもお里が知れるので、80年代からこのレコードに注目していたというマニアの方(マニアが嵩じてバイアーになったと思う)のコメントがあるので、詳しいことは下記。










スポンサーサイト



コメント

No title

ぜったいオチは極貧でくると思った~(笑)



ほほうその漫画家ってどなたですか?

No title

こんばんは。
いつもはお兄さまのギャグに笑えるのですが、シビアなギャグにしんみりとなり、『美しい国日本、という人たちが美しい日本の風景を壊していくのがボクには理解できない』という文章に日本人として賛同した今日なのでした。

ナイス☆

No title

ちゃーりーさん、くくくく悔しい~~~

見破れたか~

おぬしも悪よの~


フクちゃんの横山隆一さんです。
駅のすぐそば、紀伊国屋の隣なので、こちらに来たときは是非どうぞ。

お店のまわしもじゃないけど(爆)

八重も藤も連休までですよ~

ナイス有難うございます~

No title

ひかるライトさん、そんなにしんみりしないでください~

ボクも仕事しないで売り食いで暮らしてるし、愛してた街が様変わりになっていくのに耐えられないのでちょっとだけ本音を交えました(笑)

ナイス有難うございます~

No title

私も今日のオチは予想がついたわ('∀`)♪
うっしっし♥思考回路が似てきたって事かしら;
お寿司、私も食べたい~~エンガワ(笑)
お庭を解放して花を見せてくれるなんてイイわね~
この曲もバンドも初めて知ったけど、紹介してる曲は
とても好みだわ('∀`)凸
他は趣味じゃないなら聴かない事にする(笑)

日本の風景はやっぱり宝に賛成~

No title

くくくく、じょ~いちゃんにまで見破られたか

エンガワ、ボクも大好き^
あと、イカね(笑)

この曲はほんとにいいです。

あとはほんとに聴かないほうがいいです。
A面の残りはつまらない。
B面は60年代に流行ったインド音楽サイケ。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは。

美しい国日本、という人たちが美しい日本の風景を壊していく。。。
確かにそうですね。。。

藤の花が綺麗に咲きはじめましたネ✿ ナイス!

No title

フリーさん、日本の風景は本当に美しく感じるんです。
もちろん中国の風景も韓国の風景もヨーロッパの風景も美しいけど、日本の風景が1番ですね。

藤はいまは作り物だけ。
もうじき山藤が盛りになりますよ~
写真を撮りにいらしてください~

ナイス有難うございます。

No title

好きやねん橋にあるジローの職人さんは美人なんですか?

ワシも行って見たいと思います^^

立派な御庭で池があるとなおさら素敵ですね^^

自分の庭にある池の鯉にエサをアゲルのが夢でした^^

500マイ限定!となると探してみたくなります^^

ナイス!

No title

ゴールドさん、奥村チヨを知らない世代になるんですね。
個性的です~

池の鯉にえさをあげる・・・・角さんみたい~(笑)

500枚の再発盤のことは下記サイトにありました。
参考データになれば。

http://www.meditations.jp/index.php?main_page=product_music_info&products_id=8467

ナイス有難うございます~

No title

奥村チョの「ごめんねジロー」・・・同じ名前なんで、この歌好きです。寿司はもっと好きです。
貧国日本が国賓としてオバーサマを招いて、しっかり税金使ったね。まさか、超高級な銀座の寿司屋ジローに自分の財布から支払った訳じゃないと思うよね。死ぬまでに、ここで一貫でもいいから寿司喰ってみたいよね。
国債発行しすぎて国貧になった日本はせめてTPPで国益も守って欲しいな。
まあ、貧乏人のじゃれごとだけど・・・・(ジローより)

No title

こんにちは

いつも訪問ありがとうございます


おまかせ…3万円からだそうですε=(・д・`*)

No title

あの有名な漫画家さん・・・横山隆一氏のお屋敷が~スタバに
お~・・・複雑なキモチ
そっくり~そのまま保存してくだされば・・・そうでしたか

The Unfolding Acid Rock
ベースとギターとドラムスが絡み合った複雑なリズムでいいですね

鮨・・・大好きです
小坪で獲れた・・・ヒラメからいきます~お会計はshowさんだよ

No title

ジローさん、やっぱりこの歌好きでしたか~
もちろん国民の税金だからね。
最低コースが12貫3万円からだそうです。
1貫2500円ってことになるのかな??
ボクの行き着けは1貫80円です
それなのに税金を使えないんですよ~なんか不公平だなあ~~~

ナイス有難うございます~

No title

ももちゃん、一部でも残してくれたのはありがたいですよ。
なんせ丸ごとコンクリートマンションになって、跡形もないのが普通だから。

サイケからプログレに移行するのが普通だから、音楽的なテクニックは高度なバンドが多いですよ。

で、ヒラメが食べたい~!
金策がヒラメくまでちょっと待っててね~

ナイス有難うございます~

No title

わわ~!素敵なお庭ですね~(*´∀`*)
縁側はありますか?縁側があったらお花愛でながら日本酒飲んじゃいそうです~笑
テレビでの放映だけかもしれないけど、オバマへの歓迎振りと過剰なまでの警備!
怒髪天を衝く思いでした!ヽ(`・ω・´)ノ←早速使ってみました(笑)
これから、どんどん日本の人口が減ってくというのに、今以上の
自然破壊はやめてほしいですね。里山を継続していくにはどうしたらいいのか…
そんな小さな所から考え直してほしいです。

No title

あんずさん、テラススタイルになってて、庭に面したテラスに椅子席もあるんだけど、みなさん、縁側に腰を下ろして庭を眺めてました。
左側に頭だけ見えるのがその人たちです。

怒髪天を突く・・・ははは、もう自家薬籠中です

日本の原風景はおっしゃるように里山ですよね。
里山の美しさが日本の風景の美しさを支えています。
しかし今は危機。
愛国心教育が必要といいながら、里山を守ろうとしない政治ってなんなんでしょうね??

ボクも怒髪天を突いてこの問題を論じたい~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

初めまして?だと思います。タイトル通り不思議ワールドですね(笑)マニアックなバンドをいろいろご存じで面白く見させてもらってます。
消費税が廃止されるのは楽しみです、それまで我慢します(笑)
また、ちょいちょいご訪問させていただきます。

No title

スタバが買い取ったけど、このお庭を残してくれたことが
嬉しいな~^^

いいですね~♪ 今は「藤棚」なんですね^^
満開~♪

shoさんの以前のコメントで、すごくいいな~と思った一文があって
それに関連した記事を書こうと思いつつ、まだできてません。。。^^;

国賓待遇は、招くのも招かれるのも
タイヘンそうです。。。^^;;;

No title

そらさん、コーヒー一杯でこんな庭を楽しめるんだからいいよね。

そんないいことを言ってましたっけ??
出来上がるのを楽しみに待ってます~
国賓・・・縁のない世界だからなあ~

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア