FC2ブログ

記事一覧

高尚な精神と俗物根性の対決・・・・・The Nobles × The Snobs

暖かくなってくるととても嬉しい。

寒い間中厚手の毛布にくるまっていた女性たちが、薄着になっていくからだ。



今日も暖かいので薄着姿の女性たちが街を彩っていた。


そんな女性の1人が、どこか具合でも悪いのか苦痛に顔をゆがめている。

ボクは生来、親切心に溢れているので、どうなさったんですか~?と心配になって声をかけた。

すると、金髪美女から No problem~と英語の返事が返ってきた。

その返事がボクには「ノーブラです~」と聞こえたのだ。

キュイ~ンと胸が高鳴り、目が点になって彼女の胸元に顔を近づけた。

ほとんど鼻先が触れんばかりに近づいたら、「このスケベ~親父~!!」と彼女に横っ面を思いっきりひっぱたかれたのだ。

おかげで脳がぶらぶらしてる。



ああ~高貴な精神の持ち主のボクが俗物根性をまるだしにしているように見えたんだな~と思ったら悲しくなった。

純粋に科学的精神から、大きさを手のひらで計ろうとしただけなのに・・・





































 






























正体不明の The Nobles 。


投稿者の Zack さんは相当に詳しいガレージマニアのようだけど、その彼がお手上げ。情報提供を呼びかけている。

彼が書いてるようにギターがキラーでとてもいいのだ。






正反対の名前のバンドもいる。

The Snobs 。

格好だけ見ると典型的なイロモノバンド。

が、実力はしっかりしている。

英国のバンドで、64年に1枚だけシングルを出したが英国ではまったく売れずにそれで終わり。

フィンランドで評判になったので、向こうに渡ってスカンディナビア半島で数年活動した。

向こうで2枚目のシングルをリリースしている。




曲名が書かれてないが、Buckle Shoe Stomp です。
スポンサーサイト



コメント

No title

内緒さん、スケベエじゃないって言ってるのに~

あのね~胸が苦しんじゃないかと思って、可哀そうだから胸を広げてあげようと思っただけですよ~親切心なんです~

No title

こんばんは。「高尚な精神」のほうは、1960年代のガレージ・ロックだって?
こういうタイプのロック、私は今まで全然聴かなかったから、すごく面白い音だなあ。
そちらの曲名は《Leaving me alone》か。1987年に「ほっといてくれ!」と叫んだ、マイケルの境遇とも全然違う感じですね。

No title

オチチが見えそうだわ('∀`)
チラチラ見えそうなトコがいいのかしら♪お尻みたい(笑)
このバンド、カッコイイですね~♪凸♪
曲がこんなにいいのに勿体ない!
何のアルバムに入ってるんだろう~♥
動画の姿も結構ツボなんだけど(笑)

そしてshoさん、やっぱりHね('∀`)

No title

あ、今日はなんか先が見えちゃいましたよ~
絶対露出度が高い女の人が出てくるな~って思った~ww
親切心にあふれてるshoさんは科学的精神も兼ね備えてたんですね(笑)
すばらしいですw

下の動画、おもしろいですね~
あの格好であの音、ギャップがイイ!凸☆~//

No title

cora さん、多分ティーンバンドだと思います。

64年はじめにビートルズ旋風がアメリカで巻き起こってから、英国のビートバンドが像族紹介されていきました。
当時のアメリカ人は自国にないビートサウンドに夢中になったんです。
で、若い世代が英国勢みたいな音を演りたくて星の数ほどバンドが生まれました。
当時のアメリカにはレコードを自費製作できるところがいっぱいあったんですね。
このバンドも自費製作だと思います。
ステージに立ったかどうかも分からないくらいだから、すぐに解散したんでしょうね。

このへんに関心を持ち出すときりがないですよ(笑)

No title

joey さん、男はみんなHなんです~コホン~

このバンドってスノッブスのこと??
あれ??初めてだっけ??
取り上げるのはこれで3度目、動く映像がこれしかないので3年前見つけたときにもこの映像を貼り付けたんだけど・・・

ボクは80年代初めのコンピ盤で知ったんだけど、今ならいろんなコンピCDに収録されてると思います。

ブログをはじめた頃に顔を見せたので今回は割愛したんだけど、明日見開きの中身写真を載せておきますね。

ナイス有難うございます~

No title

プチマリーさん、見破られたか~(爆)
ま、男の考えることなんてのはこの程度です(笑)
で、感心してくれて有難う~

スノッブスのギャップがなんともいえないでしょう~
B面の音を聞く限り、サーフバンドからビートバンドに移行したようです。

ナイス有難うございます~

No title

ホント金髪美女好きですね~^^

熱くなるとノーブラで歩きたくなる気持ちわかりますよ~真夏は僕もパンツ穿きたくないです^^

The Noblesはしっとりしてて良い感じです^^

The Snobsもアメリカンな雰囲気で素晴らしい!

ナイス!

No title

はは~ん、なるほどね~…

No title

ちゃーりーさん、なんちゅうコメントじゃ(爆)

ナイス有難うございます~

No title

「対決」の軍配は「駄洒落」に上がりましたね~♪(笑)

「薄着好き」の男性は多いですよね(笑)

このないすばで~で「ぶらぶら」だった
女性でも目が行くと思います^^;

脳の「ぶらぶら」 治りましたか?www

No title

ゴールドさん、パンツはきたくない気持ちといっしょだなんて、はははは~比喩がいいなあ~(爆)

音楽、どっちもいいでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

そらさん、おお~優しいコメント、有難うございます~

ま、男ってのはスケベな動物なんです

写真を探してこれを見つけたら余計に脳がぶらぶらしてますよ~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

The Noblesのほう、初めて聴いたわ('∀`)
The Snobsはオモロイから知ってる♥
情報が来てるかな~と思ってやってきました♪
The Noblesが知りたい乙女のココロ♥

No title

今晩ゎ~っ。お久し振りで御座います。
もしかしたら今月末にVince Taylor And His PlayboysのBrand New Cadillac '59/UK Red Parlophoneを取り置き出来るかも知れません。激レアシングルだそうですが!? 詳しいBand情報を教えて頂けると有り難いのですが!? 宜しく御願い致します。
それとLittle Richard"Kansas City" '58/UK London 初回盤も。です。以上。

No title

joey さん、お早う~

ノーブルズのほうですか。
non-compiled と書いてるので、収録されたコンピ盤がないんだろうと思います。
Zack さんというマニアが自分の耳で探してきたバンドなんだろうと思います。
そんなわけで情報は何もありません。

癖になる音ですよね。

No title

デカ…(//∇//)

見事なオッパイだな~~~~

肩が凝りそうだー

No title

カノンさん、大きいと肩がこるのか~知らなかった(笑)

ナイス有難うございます~

No title

う~ん・・・、
私もこんな感じに生まれていたら・・・
人生変わっていたかな・・はっはっはっ

No title

ピリさん、ははは、↑のカノンさんによれば肩が凝るそうですよ(爆)

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア